10万円を借りたい人に最適な方法は?審査なしで少しだけ借りることも可能

急な出費などでどうしても10万円が必要になった場合、少額融資に対応しているカードローンなら1,000円〜10,000円単位で自由にお金を借りられます。

即日融資に対応している借り入れ方法もあり、10万円を今日中に借りることも可能です。

この記事でわかること

  • 即日で10万円借りたいなら消費者金融が最適
  • 三井住友カードのカードローンなら24時間いつでも即日融資が可能
  • 担保があれば審査なしで10万円を借りられる
  • 10万円借りた場合の利息は1日あたり最大54円

カードローンで借り入れできるか不安な人もいるかもしれませんが、10万円程度であればすぐに返せる金額であることから審査はそれほど厳しくありません

10万円程度の少額借り入れなら利息も増えすぎないため、返済の負担が重くなることもないでしょう。

ここでは10万円を借りたいときに最適な方法や、改正貸金業法の総量規制に基づいて、10万円を借りるために必要な年収額を解説していきます。

  1. 10万円を借りたいときに最適な方法!カードローンなら借入金額が自由
    1. 即日融資に対応している消費者金融ならその日のうちに借り入れできる
      1. 新たに誕生した三井住友カードのカードローンはいつでも即日融資が可能
      2. アイフルは借入金額に関係なく公式アプリで最短25分融資が可能
      3. プロミスは50万円以下の借り入れなら収入証明書が原則不要
      4. SMBCモビットは貯まったTポイントを返済に使える
      5. レイクALSAは借り入れ金額200万円まで最大60日間の利息が無料
    2. スマホ専用キャッシングサービスならカードレスで少額借り入れが可能
      1. LINEポケットマネーならLINEのアプリで簡単に借りられる
      2. メルカリのヘビーユーザーならメルペイスマートマネーで少額借入が可能
      3. CREZITなら信用度が低くても利用実績を積めば最大10万円まで借りられる
    3. 低金利な銀行カードローンなら借り入れしても利息が増えづらい
      1. 楽天銀行スーパーローンは口座開設なしで1万円から振込融資が可能
      2. みずほ銀行カードローンは10万円単位で限度額を指定できる
      3. 三井住友銀行カードローンならいつでもコンビニATMで借入できる
  2. 公的融資制度なら生活が苦しいときに国から10万円を借りることが可能
    1. 緊急小口資金は最短1週間後に融資を受けられる
      1. 特例措置によって上限額を20万円までに増やしてもらえるケースもある
    2. 生活福祉資金貸付制度の総合支援資金なら無職でも生活費を毎月借りられる
    3. 臨時特例つなぎ資金貸付制度なら融資実行日までの必要額を補える
      1. 子育て世帯は年収が960万円以内なら給付金で10万円をもらえる?
    4. 生活サポート基金ならローンの返済が苦しい時にお金を貸してもらえる
  3. 審査なしで10万円を借りたい人向けの方法!担保ありなら新たな契約が不要
    1. 生命保険の解約返戻金が15万円以上なら契約者貸付制度で借りられる
    2. 貴金属など15万円以上の価値がある物品があれば質屋で借りられる
    3. クレジットカードのキャッシング枠なら手持ちのカードで借りられる
  4. 10万円借りるときの注意点は年収が30万円以上必要になること
    1. 利息は1日あたり最大54円!利息制限法の上限金利が適用される
      1. 追加で借り入れすると適用利率が下がる
      2. 無利息期間や金利半額キャンペーンがあれば無駄な支出を抑えられる
    2. 返済月額が4,000円程度に設定されるので早く完済したいなら追加で支払おう

結論!年収30万円以上なら誰でも10万円を借りられる

10万円と電卓

結論からいうと、年収30万円以上を得ている人であれば誰でも10万円を借りることが可能です。

意外と知られていませんが、カードローンや融資制度の審査では、貸金業法の総量規制に基づいて申込者の希望する借り入れ金額が返済能力を超えないかを確認しています。

総量規制とは、貸金業者などから借りられる金額を年収の3分の1までに制限する法律のことを指します。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。例えば、年収300万円の方が貸金業者から借入れできる合計額は、最大で100万円となります。

引用元:お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)【貸金業界の状況】-日本貸金業協会

総量規制の仕組み

つまり、10万円を借りたい場合は30万円以上の年収を得ていれば審査に通過できるということです。

後述で審査なしの借り入れ方法についても紹介していますが、有担保や利息制限法が適用されない金利になるなどの難点があるため、カードローンや融資制度で借りられなかった場合の手段として選んだほうがよいでしょう。

とくにカードローンは、個人向けの小口融資を専門としていることから10万円程度の貸付に積極的です。

10万円を借りたいときに最適な方法!カードローンなら借入金額が自由

10万円とローンカード

10万円を借りたいときに最適な方法は、1,000円から少額の小口融資に対応しているカードローンです。

カードローンは借りやすさを追求した金融商品であることから、1,000円〜10,000円単位で借り入れ金額を自由に決められます。

さらに担保や連帯保証人なしで契約できるうえ、申し込みから借り入れまで来店不要で完結するのも嬉しいポイントです。

フリーローンや多目的ローンといった窓口を経由する金融商品と違って借り入れ回数が制限されておらず、何度でもお金を借りられることから一度にまとまった金額を借りる必要もありません。

ただしカードローンは金融機関ごとに即日融資や低金利といったサービスが異なるため、あなたの希望に合わせて商品を選びましょう。

10万円を借りたいときにおすすめのカードローンは、以下のとおりです。

カードローン最少借り入れ金額即日融資低金利スマホ完結
消費者金融のカードローン最少1,000円から借入可能
スマホ専用キャッシングサービス最少1,000円から借入可能
銀行カードローン最少10,000円から借入可能×

どうしてもすぐに10万円が必要な場合は、即日融資が可能な消費者金融のカードローンを選ぶのが最適です。

即日融資に対応している消費者金融ならその日のうちに借り入れできる

消費者金融のローンカード

消費者金融のカードローンは即日融資のサービスを提供しており、すぐにお金を借りられるのが特徴です。

1,000円単位で自由な金額を借りられるうえ、Web完結に対応しているので店頭窓口や契約機へ出向かなくてもスマホひとつで借り入れできます。

実際に管理人は消費者金融でお金を借りた際も、スマホを操作するだけで誰にも合わずにお金を借りられました。

借りたお金は自分の銀行口座へ振り込んでもらえるだけではなく、コンビニATMで引き出すことも可能なので利便性が高いのも嬉しいポイントです。

管理人が実際にお金を借りて、消費者金融ごとの融資スピードやサービスを比較しましたので参考にしてください。

消費者金融融資スピード金利無利息期間スマホ完結バレない
三井住友カード カードローン最短即日1.5~15.0%最大3ヶ月間
アイフル最短25分3.0〜18.0%最大30日間
プロミス最短30分4.5〜17.8%最大30日間
SMBCモビット最短60分3.0〜18.0%
レイクALSAWebで最短60分融資も可能4.5〜18.0%最大180日間
アコム最短60分3.0〜18.0%最大30日間

実際に申し込んだ結果、一番早く10万円を借りられたのは三井住友カードのカードローンでした。

新たに誕生した三井住友カードのカードローンはいつでも即日融資が可能

三井住友カードのカードローン

三井住友カードのカードローンは、キャッシング専用のクレジットカードをリニューアルして新たに提供が開始された消費者金融系のカードローンです。

即日融資のサービスに注力しており、土日や夜間でも原則24時間いつでも振込融資に対応してもらえます。

ローンカードがなくてもスマホに借りたい金額を入力するだけで即時振込が完了するため、今すぐにお金を借りたい人に最適です。

さらに新しいカードローンであることから、他社で審査履歴がある人でも借り入れできる可能性があります。

どうしても10万円が必要なら、三井住友カードのカードローン以外に選択肢はないでしょう。

融資時間最短即日審査時間最短即日
限度額最大900万円借入最少額1,000円から借入可能
金利1.5~15.0%無利息期間最大3ヶ月間
郵送物なし電話連絡なし

三井住友カードのカードローンなら、10万円を借りても最大3ヶ月間の利息が無料になります。

アイフルは借入金額に関係なく公式アプリで最短25分融資が可能

アイフルのローンカードとスマホ

アイフルは申し込みから融資までの待ち時間が最短25分となっており、消費者金融のなかで最も早くお金を借りられるのが魅力です。

消費者金融の融資スピードの比較

他社では借り入れまでに60分かかるケースがほとんどですが、アイフルなら約2倍も早く借入金を受け取れます。

審査通過後に公式アプリをインストールするとローンカードなしで借り入れでき、スマホを操作するだけで最短10秒後に借入金を銀行口座へ振り込んでもらうことが可能です。

すぐに現金が必要な場合は、セブン銀行ATMの画面に表示されたQRコードをスマホで読み取るとその場で借入金を受け取れます。

融資スピードが早いうえに使い勝手がいいので、初めてお金を借りる人にも最適です。

アイフルの借入限度額や金利については、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

融資時間最短25分審査時間最短25分
限度額1〜800万円借入最少額1,000円から借入可能
金利3.0〜18.0%無利息期間最大30日間
郵送物なし電話連絡なし

アイフルは自宅に届く郵送物や勤務先への電話連絡をなしにしてもらえるので、誰にもバレずに10万円を借りることも可能です。

プロミスは50万円以下の借り入れなら収入証明書が原則不要

プロミス

プロミスは、50万円以下の借り入れなら収入証明書が原則不要でお金を借りられます。

本人確認書類があれば給料明細書を提出する必要がないので、アルバイトの学生や主婦でも気軽に借り入れできます。

もちろん年収を細かく調べられたり、勤務先へしつこく電話されたりすることは一切ありません

アイフルと同様に融資スピードも早く、申し込みから最短30分後に借り入れできるのも嬉しいポイントです。

プロミスの限度額や金利について調査した結果は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

融資時間最短30分審査時間最短30分
限度額1〜500万円借入最少額1,000円から借入可能
金利4.5〜17.8%無利息期間最大30日間
郵送物なし電話連絡なし◯*

※電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

プロミスは最大金利が17.8%となっており、10万円を借りるときの利息が最も安くなるのも利点のひとつです。

他社では18.0%が適用されるので、無駄に支払うお金を抑えたいのならプロミスを選んだほうがよいでしょう。

SMBCモビットは貯まったTポイントを返済に使える

SMBCモビット

SMBCモビットは消費者金融のなかで唯一、貯まったTポイントを返済にあてられるのが特徴です。

例えば10万円借りた場合、Tポイントを20,000ポイント使うと80,000円を支払うだけで完済できます。

返済額を借りた金額よりも少なくすることが可能なため、支払いの負担を軽くしたい人にも最適です。

さらに即日融資にも対応しており、Webで申し込むと最短60分でお金を借りられます。

SMBCモビットの金利やサービスを調査した結果は、以下のとおりです。

融資時間最短60分*審査時間10秒簡易審査
限度額1〜800万円借入最少額1,000円から借入可能
金利3.0〜18.0%無利息期間
郵送物なし電話連絡なし

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

SMBCモビットはWEB完結申し込みを選択すると勤務先への電話連絡をなしにしてもらえるので、会社に内緒でお金を借りたいのなら申し込んでみてはいかがでしょうか。

レイクALSAは借り入れ金額200万円まで最大60日間の利息が無料

レイクALSA

レイクALSAは無利息期間サービスが他社と比べて長く、10万円借りた場合は最大60日間の利息が0円になります。

他社では無利息期間が30日間に設定されているケースが多いため、レイクALSAで申し込んだほうが2倍も長くなります。

期間中は何度お金を借りても利息が発生せず、60日以内に完済すれば無駄に利息を支払う必要もありません。

2ヶ月以内に完済できる目処が立っているのなら、利息が0円になるレイクALSAを選んだほうがよいでしょう。

レイクALSAの限度額や金利を調査した結果は、以下のとおりです。

融資時間Webで最短60分融資も可能審査時間Webで最短15秒
限度額1〜500万円借入最少額1,000円から借入可能
金利4.5〜18.0%無利息期間5万円以下の借入なら最大180日間、200万円以下の借入なら最大60日間
郵送物なし電話連絡なし

レイクALSAは、Webで申し込むと最短15秒で審査結果を通知してもらえるので、借り入れを急いでいる人にも最適です。

無利息期間の注意事項

無利息期間の注意事項
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • 無利息期間経過後は通常金利適用。
  • 30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息の併用不可。
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。
180日間無利息の注意事項
  • 契約額1万円~200万円まで
60日間無利息の注意事項
  • Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。
30日間無利息の注意事項
  • 契約額1万円~500万円まで
  • Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息
  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できる
  • Web申込でも契約額が200万超の方は30日無利息のみになる

10万円を借りたいあなたに最適なカードローンは以下でも検索できますので、ぜひご利用ください。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ
職業で選ぶ
審査時間で選ぶ
借入額で選ぶ

どうしても消費者金融に抵抗がある場合は、スマホ専用キャッシングサービスを検討してみてはいかがでしょうか。

スマホ専用キャッシングサービスならカードレスで少額借り入れが可能

LINEポケットマネーとCREZIT

スマホ専用キャッシングサービスとは、スマートフォンを操作するだけでお金を借りられるサービスのことです。

従来のカードローンと違ってカードを発行する必要がなく、Web上で簡単に借入金を振り込んでもらえます。

上述したような大手のカードローン会社と違って知名度が低いため、集客する目的で少額融資を希望する顧客にも前向きに融資をおこなっています。

10万円程度の少額融資に対応しているスマホ専用キャッシングサービスは、以下のとおりです。

スマホ専用キャッシングサービス借り入れ最少額融資スピード
LINEポケットマネー1,000円最短即日
メルペイスマートマネー1,000円最短即日
CREZIT1円〜最短即日

上記3つのサービスはスマホひとつで簡単に借り入れできるうえ、少額融資にも対応しているので利便性が高い印象があります。

20歳以上であれば学生でもお金を借りられるため、カードローンに抵抗がある若者にも最適です。

ただし、少額融資アプリは審査なしで借り入れすることができません。

金融庁の許認可を受けている貸金業者であり、カードローンと同等の審査がおこなわれますので覚えておきましょう。

スマホ専用キャッシングサービスのなかでもLINEポケットマネーはLINEのアプリ内でお金を借りられ、若い人でも使いやすいのが特徴です。

LINEポケットマネーならLINEのアプリで簡単に借りられる

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーは、LINE Credit 株式会社が展開する個人向け無担保ローンサービスです。

トークアプリのLINEと連動でき、ウォレットメニューからログインして借りたい金額を入力するだけで簡単に借入金を振り込んでもらえます。

借りる金額は1,000円から自由に決められ、限度額の範囲内であれば何度でも借り入れできるのも魅力のひとつです。

さらにLINEポケットマネーで借りたお金をそのままLINE Payへチャージすることも可能で、コンビニなどで買い物したいときにも役立ちます。

LINEポケットマネーの融資スピードや金利を調査した結果は、以下のとおりです。

融資時間最短即日審査時間最短即日
限度額5~300万円借入最少額1,000円から借入可能
金利3.0~18.0%無利息期間100日目までの利息をキャッシュバック
郵送物なし電話連絡なし

LINEポケットマネーは24時間365日いつでも即日中に借り入れできるため、今すぐ10万円が必要な人は申し込んでみてはいかがでしょうか。

メルペイを利用している人は、メルペイスマートマネーに申し込んだほうが審査に通りやすくなります。

メルカリのヘビーユーザーならメルペイスマートマネーで少額借入が可能

メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネーは、株式会社メルペイが2021年8月3日にリリースした新しい少額融資専門のスマホローンです。

メルカリを利用しているユーザーなら、最大20万円まで3.0~15.0%の低金利で借り入れできます

さらにメルペイスマートマネーの審査ではメルカリの利用実績が重視され、ヘビーユーザーほど優遇してもらえる利点があります。

メルカリをよく利用するのであれば、他社のスマホ専用キャッシングサービスやカードローンより審査に通りやすいかもしれません。

メルペイスマートマネーの基本情報は、以下のとおりです。

融資時間最短即日審査時間最短即日
限度額1,000円〜20万円借入最少額1,000円から借入可能
金利3.0~15.0%無利息期間なし
郵送物なし電話連絡なし

メルペイスマートマネーは即日融資も可能なうえ、借りたお金がメルペイにチャージされるので買い物ですぐに利用できます。

カードローンの審査で落ちた経験がある人は、CREZITで申し込むと借りられる可能性が高くなります。

CREZITなら信用度が低くても利用実績を積めば最大10万円まで借りられる

CREZIT

CREZITは、ローンや光熱費などの支払いを滞納して信用度が下がり、金融機関の審査に通らない人でもお金を借りられます

借り入れや返済を繰り返すことで自ら信用度を上げ、与信枠を増やせる仕組みになっているからです。

例えば初回契約の場合は与信上限額が1万円程度だったとしても、利用実績に問題がなければ最大10万円まで借りられるようになります。

CREZITの与信上限額の仕組み

ただし利用実績で与信上限が増える仕組みであるがゆえに、今すぐ10万円を借りることはできないため、どこからも借りられない場合の選択肢として検討したほうがよいでしょう。

CREZITの融資スピードや借り入れ最少額は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

融資時間最短即日審査時間最短即日
限度額最大10万円借入最少額1円から借入可能
金利0〜15.0%無利息期間3ヶ月間の利息が0円
郵送物なし電話連絡なし

CREZITは金利が0〜15.0%となっており、他社と比べて利息が増えづらい利点があります。

ただしCREZITは2021年4月1日より新規利用を停止しており、現在は申し込めません。

低金利で10万円を借りたいのなら、銀行カードローンを検討してみるのもよいでしょう。

低金利な銀行カードローンなら借り入れしても利息が増えづらい

銀行のローンカード

銀行カードローンの平均金利は1.5〜15.0%となっており、低金利で借り入れできるのが特徴です。

先ほど紹介した消費者金融は平均金利が3.0〜18.0%のため、銀行カードローンで申し込んだほうが最大3.0%も低くなります

例えば金利18.0%の消費者金融で10万円を30日間借りた場合の利息は約1,479円になりますが、15.0%の銀行カードローンなら約1,232円になります。

銀行カードローン と消費者金融の金利比較

同じ金額を借りても支払う利息に200円以上の差ができるため、無駄に支払うお金を抑えたいのなら銀行のような低金利のカードローンを選ぶのが最善の方法です。

ただし銀行カードローンは2017年より反社会的勢力との取引排除を徹底する目的で審査に時間をかけており、即日融資を停止している状態にあります。

国内銀行が来年1月からカードローンなどの個人向けの新規貸し出しに関し、即日の融資を取りやめる見通しとなったことが15日、分かった。

引用元:「即日融資」を停止、銀行カードローン縮小へ-産経ニュース

消費者金融のように即日で10万円を借りることは難しく、早くても翌日以降の借り入れになるため時間に余裕がある場合の選択肢として検討するのが最適です。

銀行カードローンごとの融資スピードや金利については、以下の表で比較しましたので参考にしてください。

銀行カードローン金利融資スピード
楽天銀行スーパーローン1.9~14.5%最短翌日
みずほ銀行カードローン2.0~14.0%最短1週間前後
三井住友銀行カードローン4.0~14.5%最短1週間前後
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」1.8~14.6%最短1週間前後
オリックス銀行カードローン1.7〜17.8%最短1週間前後

なかでも楽天銀行スーパーローンはネット銀行ならではの金利が適用されるうえ、最短翌日に借入金を受け取れます。

楽天銀行スーパーローンは口座開設なしで1万円から振込融資が可能

楽天銀行スーパーローンのローンカードと封筒

楽天銀行スーパーローンはWeb取引に特化したカードローンで、楽天銀行の口座を開設しなくても最少1万円から振込融資が可能です。

面倒な手続きをしなくても手持ちの口座へスムーズに借入金を振り込んでもらえるため、手っ取り早く10万円を借りられます。

さらにネット銀行ならではの強みを活かし、申し込みから最短翌日に借り入れできるのも嬉しいポイントです。

契約後は24時間365日いつでも即時振り込みが可能で、使い勝手の面でも申し分ありません。

楽天銀行スーパーローンの融資時間や金利といった詳しい情報は、以下を参考にしてください。

融資時間最短翌日審査時間最短翌日
限度額10〜800万円借入最少額10,000円から借入可能
金利1.9〜14.5%無利息期間最大30日間
郵送物なし×電話連絡なし×

楽天銀行スーパーローンは来店不要で契約でき、店頭窓口へ出向かずにお金を借りられるのも魅力のひとつです。

みずほ銀行カードローンは10万円単位で限度額を指定できる

みずほ銀行

みずほ銀行カードローンは、50万円以下の借り入れを希望する場合に限度額を10万円単位で自由に決められます

例えば余分にお金を借りたくない人は、限度額を10万円にしておけば上限に達した時点で新規借り入れが停止されるため借り過ぎる心配がありません。

万が一お金が足りなくなった場合に備えたい場合は、限度額を20万円にすると10万円を借りた後も継続してお金を借りることが可能です。

他社と違って限度額を余計に増やされることがないので、計画的にお金を借りたいのであればみずほ銀行カードローンを選ぶとよいでしょう。

みずほ銀行カードローンの金利や融資スピードは、以下のとおりです。

融資時間最短1週間審査時間最短3営業日
限度額10〜800万円借入最少額10,000円から借入可能
金利2.0〜14.0%無利息期間
郵送物なし×電話連絡なし×

みずほ銀行で住宅ローンを契約している人は、カードローンの申し込み時に金利を2.0〜14.0%以下に優遇してもらえるケースもあります。

三井住友銀行カードローンならいつでもコンビニATMで借入できる

三井住友銀行カードローンのパンフレット

三井住友銀行カードローンはローンカードをコンビニATMで利用でき、店頭窓口へ出向けないときでも自宅の近くでお金を借りられるのが特徴です。

セブンイレブンやローソンといった大手チェーンはもちろん、デイリーヤマザキやポプラといった地方限定のコンビニATMでも借り入れできます。

さらに三井住友銀行の口座を持っている場合は、キャッシュカードにカードローン機能を追加することも可能です。

キャッシュカードであれば、コンビニで知り合いに会ってもお金を借りていることは気付かれないでしょう。

三井住友銀行カードローンの詳しい基本情報は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

融資時間最短1週間審査時間最短翌営業日
限度額10〜800万円借入最少額10,000円から借入可能
金利4.0〜14.5%無利息期間
郵送物なし電話連絡なし×

三井住友銀行カードローンでは、10,000円以上であれば自由な金額を借りられます。

ただし三井住友銀行やみずほ銀行といったメガバンクが手掛けるカードローンは金融庁から過剰貸付を指摘されたことから、現在は審査を厳格化している状態にあります。

金融庁では、融資審査の厳格化を徹底し、業務運営の適正化をスピード感を持って推進するため、2017年以降、銀行カードローン残高の多い先を中心とする12行に対する立入検査の実施や、検査実施先以外の銀行における申し合わせ以降の取組みに係る実態把握及び検査実施先の銀行における業務運営の見直しの状況の確認といった取組みを進めてきた。

引用元:銀行カードローンのフォローアップ調査結果について-金融庁

収入が少ない人や他社借り入れの多い人は返済能力が低いと判断され、審査に通過することが困難です。

そのため収入が少ない人や他社借り入れの多い人が10万円を借りたいのであれば、生活困窮者を支援する目的で設けられている公的融資制度を検討したほうがよいでしょう。

公的融資制度なら生活が苦しいときに国から10万円を借りることが可能

市役所

低収入や失業といった事情によって生活が苦しい場合は、公的融資制度で国から10万円を借りるのもひとつの手段です。

政府は生活が困窮している人の家計を再建する目的で、無収入または低所得でも借り入れできる公的融資制度を設けています。

所得の少ない世帯、障害者や介護を要する高齢者のいる世帯に対して、その世帯の生活の安定と経済的自立を図ることを目的に、無利子または低利子で資金の貸付を行います。

引用元:貸付などの相談をしたい-東京都福祉保健局

無収入または低所得でも国からお金を借りられる公的融資制度は、以下のとおりです。

公的融資制度限度額金利融資スピード
緊急小口資金最大10万円まで無利子最短1週間
生活福祉資金貸付制度毎月最大20万円まで無利子〜1.5%最短1ヶ月
臨時特例つなぎ資金貸付制度10万円以内無利子最短3日以内

上記は生活が苦しい人向けに設けられている公的融資制度であり、いずれも低所得であるほど審査で有利な判断をしてもらえます。

上記で紹介したような金融機関と比べて10万円を借りやすいうえ、かなり低金利で借りられる利点があります。

政府が公的融資制度を設けている理由はあくまでも生活が困窮している国民を支援するためであり、利息による収入を目的としていないからです。

そのため生活費として10万円を借りたいのなら、公的融資制度で国からお金を借りたほうが無駄な利息を抑えられます。

では、それぞれの公的融資制度について詳しく解説していきます。

緊急小口資金は最短1週間後に融資を受けられる

緊急小口資金借入申込書

緊急小口資金は公的融資制度のなかでも借り入れまでの待ち時間が短く、最短1週間ほどでお金を借りられるのが特徴です。

公的融資制度は慎重に審査がおこなわれることから融資までに1ヶ月以上待たされるケースがほとんどなので、急いでお金が必要な人向けに対応が迅速な緊急小口資金が設けられています。

貸付対象となるのは緊急で一時的に生活の維持が困難となっており、最大10万円まで借り入れが可能です。

緊急小口資金の貸付対象者については、内閣府の公式ホームページにも記載されています。

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に少額の費用の貸付を行います。

引用元:生活を支えるための支援のご案内-内閣府

例えば直近の生活費が賄えないほど困窮している人は、緊急小口資金で10万円を借りられる可能性が高くなります。

そのため、今すぐにどうしても10万円が必要な人に最適な借り入れ方法です。

緊急小口資金でお金を借りたい人は、住んでいる地区の市役所にある社会福祉協議会に相談して自分が貸付対象になるか確認してもらいましょう。

緊急小口資金の金利や返済期間については、以下の表をご覧ください。

限度額最大10万円
金利無利子
据置期間1年以内
償還期限2年以内

感染症による影響を受けた場合は、緊急小口資金で10万円以上のお金を借りられるケースがあります。

特例措置によって上限額を20万円までに増やしてもらえるケースもある

従来の緊急小口資金で借りられる上限額は最大10万円となっていますが、特例措置の対象となった場合は最大20万円まで借り入れが可能です。

特例措置の対象になるのは、以下のような感染症が蔓延したことによって失業や休業などの影響を受けた人です。

  • 世帯員の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者等がいるとき
  • 世帯員に要介護者がいるとき
  • 世帯員が4人以上いるとき
  • 世帯員に新型コロナウイルス感染症拡大防止策として、臨時休業した学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
  • 世帯員に風邪症状など新型コロナウイルスに感染した恐れのある、小学校等に通う子の世話を行うことが必要となった労働者がいるとき
  • 上記以外で休業等による収入の減少等で生活費用の貸付が必要なとき

参考元:緊急小口資金について-厚生労働省

失業や休業をしていなくても収入に減少があれば対象となりますので、10万円以上借りたい人は相談してみるとよいでしょう。

収入の減少などによって生活していけない可能性がある場合は、生活福祉資金貸付制度で毎月10万円ずつ借りる方法が最適です。

生活福祉資金貸付制度の総合支援資金なら無職でも生活費を毎月借りられる

市役所

政府は、失業や減収などによって生活が困窮している場合の借り入れ方法として生活福祉資金貸付制度の総合支援資金を推奨しています。

低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支える「生活福祉資金貸付制度」。同制度では、失業や減収などにより生活が困窮している方に対し、生活費や一時的な資金の貸付けを行う「総合支援資金」が設けられています。総合支援資金を利用する方には、生活困窮者自立支援制度の支援も併せて行い、生活の立て直しを包括的にサポートします。

引用元:政府広報オンライン

生活福祉資金貸付制度の総合支援資金では、生活費として1ヶ月あたり最大20万円まで国からお金を借りることが可能です。

困窮者の生活を再建する目的があるので、無職でもお金を借りることができます。

さらに生活福祉資金貸付制度の総合支援資金では毎月お金を借りられ、収入が安定するまでの生活をサポートしてもらえます。

もちろん1ヶ月だけお金を借りたり、1回あたりの借入金額を10万円に抑えることも可能です。

生活福祉資金貸付制度の総合支援資金でお金を借りる条件については、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

対象となる世帯具体例
低所得世帯必要な支援を受けることにより独立自活できると認められる世帯
必要な資金を他から借受けることが困難な世帯
障害者世帯身体障害者手帳、療育手帳などの交付を受けた者が属する世帯
高齢者世帯65歳以上の高齢者が属する世帯

参考元:福祉の資金(貸付制度)-全国社会福祉協議会

これらの条件に当てはまる人は、生活福祉資金貸付制度の対象になるため、住んでいる地域の市役所で申し込み手続きができます。

生活福祉資金貸付制度の金利や限度額、償還期間をまとめた結果は以下のとおりです。

生活福祉資金貸付制度の基本情報

限度額毎月最大20万円まで
金利無利子〜1.5%
据置期間1年以内
償還期限10年以内

生活福祉資金貸付制度のような公的融資制度を利用する場合、融資を受けるまでに申し込み手続きから約1ヶ月程度の待ち時間が発生します。

融資の実行日までの生活費が足りず、どうしても10万円が必要な場合はつなぎとして別の公的融資制度を併用しましょう。

臨時特例つなぎ資金貸付制度なら融資実行日までの必要額を補える

通帳

臨時特例つなぎ資金貸付制度は、公的融資制度を申請した場合に借入金が手元に入るまでの生活費を借りられます

貸付対象になるのは、以下すべての条件に該当する人です。

  • 住居のない離職者であること
  • 公的給付制度または公的貸付制度の申請が受理されていること
  • 給付や貸付開始までの生活が困窮していること
  • 自分名義で金融機関の口座を有していること

参考元:臨時特例つなぎ資金貸付制度-厚生労働省

これらの条件に該当する場合は、臨時特例つなぎ資金貸付制度で最大10万円まで借り入れできます。

すぐに公的融資制度を受けられない人の生活をサポートする目的があるため、明日の生活費がないほど困窮していれば最短3日以内に融資実行してもらうことも可能です。

臨時特例つなぎ資金貸付制度の償還期限や金利は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

限度額10万円以内
金利無利子
据置期間
償還期限1ヶ月以内

臨時特例つなぎ資金貸付制度はあくまでもつなぎ資金のため、他の公的融資制度と違って1ヶ月以内に返済を進める必要がありますので覚えておきましょう。

10万円が必要なら、公的融資制度だけではなく国からお金をもらえる給付金を検討するのもひとつの手段です。

子育て世帯は年収が960万円以内なら給付金で10万円をもらえる?

知らない人もいるかもしれませんが、2021年11月26日に子育て世帯で困窮している人を対象に10万円を給付する旨の補正予算案が閣議決定されました。

世帯年収が960万円を超えない子育て世帯が対象となり、18歳以下の子ども1人に対して10万円の給付金が配布される予定です。

子育て世帯に対しては、年収960万円を超える世帯を除き、18歳以下1人当たり10万円相当の支援を行います。

引用元:岸田内閣総理大臣記者会見-首相官邸

ただし今のところ給付が決まっているのは子育て世帯のみであり、18歳以下の子どもがいない世帯への給付はおこなわれない予定となっています。

一人暮らしの人や子どもがいない世帯の人は、借り入れを検討するのが最善の方法です。

公的融資制度や給付金で10万円を調達するのが難しい場合は、国が推奨する一般社団法人で相談してみてはいかがでしょうか。

生活サポート基金ならローンの返済が苦しい時にお金を貸してもらえる

生活サポート基金のパンフレットとお金

生活サポート基金は、生活が困窮している人の家計を立て直すために活動している一般社団法人です。

ローンの返済が苦しくて生活を圧迫している場合に相談でき、生活費や債務を整理する資金として少額の融資を受けられます

生活サポート基金の貸付事業で対象になるのは、以下に該当する人です。

  • 多重債務によって生活が苦しい
  • 債務整理中でどこからもお金を借りられない
  • 債務整理に必要な資金がない
  • 学費や家賃の支払いができない
  • 税金が支払えない等

生活サポート基金は、多重債務や債務整理といった信用情報の履歴によってどこからもお金を借りられない人でも貸付対象になります。

借り入れできる金額や融資までの日数は明確に決められておらず、相談者の状況に合わせて決定してもらえます。

悩みに寄り添って生活再建するためのサポートをしてもらえますので、どうにもならなくて困っている人は相談してみてはいかがでしょうか。

どこからもお金を借りられない場合は、審査なしの借り入れ方法で10万円を借りるのもひとつの手段です。

審査なしで10万円を借りたい人向けの方法!担保ありなら新たな契約が不要

10万円と利用明細書

審査なしの借り入れ方法は年収やローンの利用履歴といった返済能力を確認されないので、金融機関や融資制度でお金を借りられなかった人でも対象になります。

審査なしで10万円を借りられる方法は、以下のとおりです。

審査なしの借入方法必要な担保限度額
生命保険の契約者貸付制度解約返戻金解約返戻金の7〜9割
質屋貴金属、ブランド品など担保査定額の7〜8割
クレジットカードのキャッシング枠担保不要ショッピング枠の範囲内

知らない人も多いと思いますが、契約者貸付制度や質屋といった有担保の借り入れ方法では審査なしで少額のお金を借りられます

借り手が返済できない状態になっても担保を売却すれば貸し手は貸付金を回収することができ、返済能力が重視されないからです。

有担保の借入方法の仕組み

借りられる金額は担保評価額の範囲内となっており、担保の価値が高いほど高額なお金を借りられます

審査履歴やローンの返済を滞納している記録も関係なしで借り入れできるので、以下のように融資が否決になりやすい人にも最適です。

  • どうしても10万円が必要だけど借りれない
  • 無職で働いていないけどどうしても10万円が必要
  • 申し込みブラックで審査に通らない
  • 審査がどこも通らないがお金を貸してくれるローン会社を探している
  • 即金で借りられる審査なしの業者を探している

審査なしで借り入れできる方法のなかでも、生命保険の契約者貸付では解約返戻金の範囲内でお金を借りられます。

生命保険の解約返戻金が15万円以上なら契約者貸付制度で借りられる

生命保険のパンフレット

生命保険の契約者貸付制度とは、保険料から積み立てた解約返戻金を担保にお金を借りられる制度のことです。

自分で積み立てたお金を担保にする仕組みのため審査はなく、解約返戻金の7〜9割まで自由に借り入れできます。

生命保険の契約者貸付制度の仕組み

具体的にいえば、生命保険に加入していて解約返戻金が15万円以上ある人は審査なしで10万円を借りられるということです。

例えば管理人の場合は、死亡補償額が500万円の生命保険に2年6ヶ月加入したときに解約返戻金が15万円を超えました。

解約返戻金は保険会社から送られる保険証券に記載されていますので、契約者貸付制度でお金を借りたい人はあらかじめ確認しておきましょう。

生命保険でお金を借りる契約者貸付制度の金利や融資スピードについては、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

融資時間最短即日
金利平均1.55〜8.0%
限度額解約返戻金の7〜9割まで

解約返戻金が15万円を下回っている場合は10万円を借りられない可能性が高いため、生命保険に加入したばかりなら貴金属などを担保に質屋でお金を借りたほうがよいでしょう。

貴金属など15万円以上の価値がある物品があれば質屋で借りられる

質屋のチラシと10万円

貴金属やブランド品といった15万円以上の価値がある物品がある場合は、審査なしで質屋から10万円を借りられます

質屋には物品を担保にお金を借りられる質入れという方法があり、限度額は担保査定額の7〜8割となっています。

質入れの仕組み

つまり担保に入れる物品を査定してもらい、15万円の価値があると判断された場合はその7〜8割である10万円まで借りられるということです。

担保の査定額は購入した際の定価や状態などによって異なりますが、以下のような物品であれば査定額が15万円以上になる可能性があります。

担保に入れる物品の例

  • ダイヤモンド1カラットの指輪
  • LOUIS VUITTONのバッグ
  • HERMESの財布、バッグ
  • タグ・ホイヤーの腕時計など

一昔前に買ったブランド品でもプレミアが付いて査定額が上がっている可能性もあるので、担保に入れられそうな物品がある場合は質屋で相談してみてはいかがでしょうか。

質屋でお金を借りる際の金利や融資時間を調査した結果は、以下のとおりです。

融資時間最短即日
金利年利109.5%(月利9%)
限度額解約返戻金の7〜8割まで

質屋でお金を借りる難点としては、貸金業法ではなく質屋営業法に基づいて貸付業務をおこなうことから適用金利が年利109.5%で一般的なカードローンの10倍になることが挙げられます。

10万円を1ヶ月間借りた場合は利息が9,600円も発生するため、早めに完済するのが最善の方法です。

早めに完済を目指すのはかえって生活が苦しくなるリスクがあることから、質屋でお金を借りる方法はどうしても10万円が必要な場合の選択肢として認識したほうがいいかもしれません。

利息が増えるリスクを避けたい人や担保にできる物品がない人は、クレジットカードのキャッシング機能を検討したほうがよいでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠なら手持ちのカードで借りられる

クレジットカードとお金

手持ちのクレジットカードにキャッシング枠が開設されている場合は、審査なしでお金を借りられます

クレジットカードには割賦販売法に基づいて買い物した料金を後払いするショッピング枠の他に貸金業法の範囲内でお金を借りられるキャッシング枠があります。

現在持っているクレジットカードを申し込んだ際にキャッシング機能を追加していれば、審査はすでに終わっていることから今すぐ借り入れが可能です。

借りられる金額は人によって異なりますが、平均10〜50万円となっているため、10万円を借りることは難しくないでしょう。

クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる際の金利や融資スピードは、以下のとおりです。

融資時間最短即日
金利平均15.0〜18.0%
限度額平均10〜50万円(ショッピング枠の範囲内)

ただし、クレジットカードのキャッシング枠が開設されていない場合は新たに審査が必要になります。

キャッシング枠の有無や限度額については、利用明細書に記載されていますのであらかじめ確認しておきましょう。

クレジットカードのキャッシング枠に限らず、カードローンや融資制度などの審査を受ける場合は年収を確認されます。

10万円借りるときの注意点は年収が30万円以上必要になること

源泉徴収票

10万円を借りるときの注意点としては、30万円以上の年収が必要になることが挙げられます。

上述で触れたように、貸金業者から借り入れできる金額は貸金業法の総量規制によって年収の3分の1までに制限されているからです。

銀行カードローンや融資制度は貸金業者ではないので総量規制が適用されず、以前までは年収額に関係なく借り入れできました。

しかし借り手の支払いが滞って保証会社が代わりに返済する代位弁済率が上がったことから、現在では年収の3分の1を超える貸付をおこなわないのが一般的です。

年収の3分の1を超える契約の代弁率がより高くなっていることから、審査基準や融資上限枠の適切性を検証し、審査基準の厳格化などの対応を検討している。

引用元:銀行カードローン検査中間とりまとめ-金融庁

融資制度であっても返済能力を大きく超える貸付は多重債務の誘発に繋がることから、無闇に貸付をおこなっているわけではありません。

年収が30万円以下の人は審査に落ちるケースがあるため、10万円を借りられる可能性を高めたいのなら審査なしの借り入れ方法を選ぶか、収入を上げることに専念しましょう。

10万円を借りる注意点としては、他にも利息が高くなることが挙げられます。

利息は1日あたり最大54円!利息制限法の上限金利が適用される

電卓とお金

10万円を借りた場合に適用される金利は最大20%となっており、1日あたりの利息は最大54円になります。

借り入れ金額が少額なほど利息制限法で定められている上限金利は高くなるため、支払う利息が増えやすい難点があります。

利息制限法で定められている上限金利は、以下のとおりです。

元本の金額上限金利
10万円未満最大20.0%
10万円以上100万円未満最大18.0%
100万円以上最大15.0%

参考元:上限金利について-日本貸金業協会

全ての金融機関が上限金利を設定しているわけではないものの、最大金利が適用されることは免れません

例えば金利3.0〜18.0%の貸金業者から10万円を借りる場合は、18.0%が適用されるでしょう。

ただし10万円を借りた後に追加融資を受ける場合は、上限金利も引き下げられます。

追加で借り入れすると適用利率が下がる

先ほど10万円を借りた場合の金利は最大20.0%になるといいましたが、追加でお金を借りた場合は上限金利が最大18.0%に引き下げられます

最大20%の金利を適用できるのは、借り入れ金額が10万円未満の場合のみだからです。

例えば10万円を借りた後に5万円を借りた場合、借り入れ合計額は15万円になるため、適用できる上限金利は18.0%になります。

そのため金利を下げたいのであれば、あらかじめ10万円以上を借りるのもひとつの手段です。

もっと支払う利息を抑えたい人は、無利息期間や金利半額キャンペーンを併用しましょう。

無利息期間や金利半額キャンペーンがあれば無駄な支出を抑えられる

無利息期間の看板

貸金業者や金融機関によっては、無利息期間または金利半額キャンペーンといった顧客サービスをおこなっているケースがあります。

無利息期間や金利半額キャンペーンを活用すれば、10万円を借りても最大限に利息を抑えられます

無利息期間や金利半額キャンペーンのある借り入れ先を調査した結果は、以下のとおりです。

借入先無利息期間金利半額キャンペーン
楽天銀行スーパーローン最大30日間の利息0円定期的に金利半額キャンペーンを開催
アイフル最大30日間の利息0円非対応
プロミス最大30日間の利息0円非対応
レイクALSA 最大60日間の利息0円非対応

とくに楽天銀行スーパーローンは、無利息期間と金利半額キャンペーンの両方に対応しています。

金利半額キャンペーンがおこなっている最中に申し込むと、どちらも適用されるので長期間に渡って借りても利息が増えづらいのが嬉しいポイントです。
             

返済月額が4,000円程度に設定されるので早く完済したいなら追加で支払おう

借入利用明細書

金融機関や貸金業者からお金を借りるとき、初回契約のタイミングで1ヶ月あたりの返済額が自動的に決められます。

10万円を借りる場合は、返済月額が2,000円〜4,000円程度に決められるケースがほとんどです。

実際に管理人が10万円を借りた際は楽天スーパーローンで2,000円、アイフルでは4,000円になっていました。

借り入れ金額が少ないほど借入先の最低返済額が適用されるので、そのままにしておくと完済までの時間が長引いてしまいます。

そのため早めに完済したいのであれば、毎月の引き落としだけではなく追加で返済したほうがよいでしょう。

最後に、10万円を借りたいときに最適な方法と注意点をまとめておきますので参考にしてください。

  • 10万円を借りたいなら1,000〜10,000円単位で借りられるカードローンが最適
  • 三井住友カードのカードローンなら土日や夜間でも10万円をすぐに借りられる
  • 審査なしの借り入れ方法は生命保険や貴金属などの担保が必要
  • 10万円を借りるには30万円以上の年収が必要

レイクALSAの貸付条件

極度額1万円~500万円
貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%
遅延損害金(年率)20.0%
返済方式残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
返済期間・回数最長8年・最大96回
担保・保証人不要
審査
利用対象年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
必要書類運転免許証等、収入証明書(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
商号新生フィナンシャル株式会社
貸金業登録番号関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

※収入証明書は、融資限度額が50万円を超える場合必要となります。