キャッシングのおすすめ比較ランキング!即日で借りられる人気の業者【2021年最新】

飲み会やスマホゲームの課金などでお金を使いすぎてしまい、経済的に余裕がない時はキャッシングを利用するのもひとつの手段です。

意外と知られていませんが、キャッシングは消費者金融や銀行といった金融機関が展開するカードローンだけではなく手持ちのクレジットカードでも利用できます。

最少1,000円から借りられるうえ、今日中にキャッシングすることも可能なので自由度が高く、初心者でも使いやすいのが嬉しいポイントです。

この記事でわかること

  • 急いでいる人は即日融資が可能な消費者金融でキャッシングするのがおすすめ
  • 利息金額を抑えたいなら低金利で借りられる銀行カードローンが最適
  • クレジットカードのキャッシング枠なら海外旅行中でも借り入れできる

この記事では、キャッシングでおすすめの業者を比較し、ランキング形式で紹介していきます。

貸金業法銀行法に基づいて運営している正規のキャッシング業者のみを掲載していますので、初めて借り入れする人もぜひ参考にしてください。

  1. キャッシングのおすすめランキング!消費者金融なら即日融資を受けられる
    1. レイクALSAはWeb申し込みで24時間365日いつでも最短60分融資が可能
    2. アイフルのキャッシングローンはコンビニATMで借入金を受け取れる
    3. プロミスのアプリローンは申し込みから借り入れまでスマホだけで完結
    4. SMBCモビットならオペレーターへ電話すると優先的に審査を進めてもらえる
    5. アコムは無利息期間が最大30日!期間中は利息が無料になる
    6. エイワは対面融資が専門だから初心者でも借り方を詳しく教えてもらえる
    7. アローは自宅に郵送物が自宅に届かないから家族にバレにくいのが強み
    8. セントラルならセブン銀行ATMでローンカードを利用できる
  2. クレジットカードのキャッシングおすすめランキング!海外でも借りられる
    1. ACマスターカードなら即日発行できるからすぐにキャッシング可能
    2. 三井住友カードナンバーレス(NL)は最短30分で審査結果がわかる
    3. dカードは会員ページから24時間いつでも振込キャッシングを依頼できる
    4. セディナカードなら三井住友銀行のATM手数料が何回でも無料になる
    5. JCB CARD LOAN FAITH(キャッシング専用)は5万円までの借入なら金利5.0%
  3. 銀行カードローンは平均金利が2.2〜15.0%なので利息を抑えたい人に最適
    1. 楽天銀行スーパーローンはネット銀行ならではの金利1.9〜14.5%で借りられる
    2. みずほ銀行カードローンはイーネットATMの時間外手数料が月3回まで無料
    3. 三井住友銀行カードローンなら手持ちのキャッシュカードで借り入れできる
    4. 三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは口座開設不要で申し込める
    5. auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)は最大0.5%の金利優遇がある
  4. キャッシングとは現金を借りられる個人向け融資の総称のこと
    1. カードローンとクレジットキャッシングの違いはショッピング枠の有無
    2. 基本的に担保や連帯保証人なしで借りられるので他人に迷惑がかからない
    3. 借り入れできる条件は20歳以上で安定した収入を得ていること
      1. クレジットカードなら未成年でも審査に通過できるケースがある
    4. 利用限度額は年収の3分の1までに設定されるケースがほとんど
      1. 総量規制対象外の借入方法なら総量規制以上を借りられる
    5. 審査が甘いところはない?判断基準は貸金業法によって定められている

キャッシングは3種類!自分の希望が叶う業者を選ぶと使いやすい

ローンカードとクレジットカード

冒頭でも紹介したようにキャッシングには3つの種類があり、それぞれで融資スピードや借入限度額が異なります。

キャッシングの種類ごとに金利や限度額を比較した結果は、以下でまとめましたので参考にしてください。

利用するキャッシングを決めるためのフローチャート

キャッシング業者消費者金融銀行カードローンクレジットカードのキャッシング枠
即日融資×
平均金利3.0〜18.0%1.5〜15.0%4.40〜18.0%
限度額1,000円〜800万円10〜1,000万円1〜500万円
在籍確認なし××
郵送物なし××
海外キャッシング××
平均審査通過率45.0〜50.0%10.0〜15.0%15.0〜20.0%

消費者金融では最短即日でお金を借りられるうえ、在籍確認や郵送物なしにも対応しているので内緒ですぐにキャッシングできます。

審査通過率も平均値が48.0%を超えていることから約2人に1人がキャッシングに成功しており、新規顧客への融資にも前向きです。

キャッシングの審査通過率を比較した図

一方で銀行カードローンは審査通過率が消費者金融の2分の1以下となっており、契約すること自体が困難になります。

クレジットカードもキャッシング目的で申し込むと審査に落ちるケースが多いので、特別な理由がないのなら今すぐバレずにキャッシングできる消費者金融がおすすめです。

キャッシングのおすすめランキング!消費者金融なら即日融資を受けられる

ローンカードとお金

消費者金融は即日融資に対応しており、申し込みから最短60分以内に借り入れできるのが特徴です。

AI(人口知能)による自動与信審査システム(スコアリングシステム)を取り入れ、膨大な顧客データから瞬時に貸付の可否を決めているため融資までの時間短縮を実現しています。

消費者金融では、各社が独自の「スコアリングシステム(自動与信審査システム)」を用いて審査をおこなっています。 スコアリングシステム(自動与信審査システム)とは、申込みフォームに記入した内容などを点数化して合計点数で融資可否を決定する仕組みのことで、短時間で審査結果を出せるというメリットがあります。

引用元:アイフル公式ホームページ

一方でクレジットカード会社は2020年12月に初めて割賦販売法で審査の高度化が認められたばかりであり、まだAI(人口知能)による審査が普及していません。

銀行カードローンに関しては審査を厳格化しているため合否の判断に時間をかけており、即日融資自体を停止しています。

キャッシング方法ごとの融資時間

1週間以上待たされるケースもあるので、今すぐにキャッシングしたいのなら融資までの時間が早い消費者金融のカードローンで申し込んだほうがよいでしょう。

消費者金融が展開するおすすめなカードローンの融資時間や限度額を比較した結果は、以下のとおりです。

消費者金融の比較

消費者金融レイクALSAアイフルプロミスSMBCモビットアコムエイワアローセントラル
レイクALSAアイフルプロミスSMBCモビットアコムエイワアローセントラル
審査時間Webで最短15秒最短25分最短30分最短30分最短30分最短即日最短45分最短即日
融資時間Webで最短60分
融資も可能*
最短25分最短30分最短60分最短60分最短即日最短即日最短即日
金利4.5~18.0%3.0~18.0%4.5〜17.8%3.0~18.0%3.0~18.0%17.9507~
19.9436%
15.0~19.94%4.80〜18.0%
限度額1~500万円1~800万円1~500万円1~800万円1~800万円最大50万円最大200万円最大300万円
借入最少額1,000円〜1,000円〜1,000円〜1,000円〜1,000円〜1万円〜1万円〜1万円〜
無利息期間最大180日間最大30日間最大30日間最大30日間最大30日間
電話連絡なし個人名で対応△*×××
郵送物なし×
詳細詳細詳細詳細詳細詳細

※相談すれば書類提出に変更できる可能性がある

※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

消費者金融のおすすめポイント

  • 申し込みから最短60分で即日融資が可能
  • 勤務先への電話連絡や郵送物なしでバレない
  • 無利息期間中は利息が無料になる
  • 1,000円から自由に借りられるので少額借入にも最適

当サイトのランキングコンテンツは、第3者調査機関の情報を元に作成されています。比較基準をポイント化し、その合計値から順位付けを行おこなっています。ランキングの根拠に関してはこちら

特にレイクALSAは、Webで申し込むと最短15秒で審査結果を通知してもらえるうえ、即日融資も可能です。

他社では結果通知までに30分ほどの待ち時間が発生するので、借り入れの可否を早く知りたい人はレイクALSAが最適です。

レイクALSAはWeb申し込みで24時間365日いつでも最短60分融資が可能

レイクALSAのローンカードと自動契約機

レイクALSAはスマホやパソコンを利用してWeb申し込みをすると、申し込みから最短60分でキャッシングできます。

モアタイムシステムを取り入れており、審査通過後は24時間365日いつでも最短10秒ほどで借入金を自分の銀行口座へ振り込んでもらえるのが嬉しいポイントです。

さらに最大180日間の無利息期間があり、5万円までの借り入れなら約半年間も利息が発生しません。*

5万円以上の借り入れであっても最大60日間の無利息期間が適用されるため、最大30日間で設定されている他社と比べて支払う利息が安くなります。

利息を抑えつつ素早くキャッシングしたいのなら、レイクALSA以外の選択肢はないでしょう。

融資時間Webで最短60分融資も可能限度額1~500万円
金利4.5~18.0%無利息期間最大180日間
カードレススマホATM取引
郵送物なし電話連絡なし個人名で対応

レイクALSAの貸付条件

極度額1万円~500万円
貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%
遅延損害金(年率)20.0%
返済方式残高スライドリボルビング方式、元利定額リボルビング方式
返済期間・回数最長8年・最大96回
担保・保証人不要
審査
利用対象年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方
必要書類運転免許証等、収入証明書(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合)
商号新生フィナンシャル株式会社
貸金業登録番号関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

※収入証明書は、融資限度額が50万円を超える場合必要となります。

  • 新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみ対象となります。

  • 初回契約の翌日から無利息期間が適用されます。

  • 無利息期間超過後は通常金利が適用されます。

  • 30日間、60日間、180日間の無利息サービスは併用できません。

  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります。

  • Webで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方は60日間無利息の対象になります。

  • ※Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

  • ※180日間の無利息期間は契約額1万円~200万円までの方が対象です。

  • 契約額1万円~500万円までの方は、30日間無利息の対象です。

  • Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息が適用されます。

  • Web以外(自動契約機や電話)で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。

  • 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査、必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

アイフルのキャッシングローンはコンビニATMで借入金を受け取れる

アイフルのローンカードと自動契約機

アイフルのキャッシングローンは、審査通過後に独自のaiアプリを利用するとローソン銀行やセブン銀行といったコンビニATMを利用して土日や深夜でも借入金を受け取れます

コンビニATMに表示されたQRコードをスマホで読み込み、借りたい金額を入力するだけで簡単にキャッシングできる仕組みです。

もちろんレイクALSAと同様に即日融資にも対応しており、申し込みから最短25分で借り入れできるようになります。

他にもアイフルは消費者金融のなかで唯一、銀行の傘下に入っておらず、審査厳格化の影響を受けていないのも魅力のひとつです。

独自審査をおこなっていることから2018年5月には新規成約率が48.2%を超えており、約2人に1人がキャッシングに成功しているため、新規顧客への融資に前向きな印象があります。

使い勝手だけではなく審査の難易度も重視するのなら、アイフルのキャッシングローンを選んでおけば間違いないでしょう。

融資時間最短25分限度額1~800万円
金利3.0~18.0%無利息期間最大30日間
カードレススマホATM取引
郵送物なし電話連絡なし

プロミスのアプリローンは申し込みから借り入れまでスマホだけで完結

プロミスのローンカードと自動契約機

プロミスのアプリローンは、申し込みから借り入れまでの手順がすべてスマホひとつで完結するのが特徴です。

店頭窓口や自動契約機へ出向くことなく、自宅でキャッシングできるので家族や知り合いに見られる心配がありません。

アイフルと同様にコンビニATMで借入金を受け取れるスマホATM機能に対応しているだけではなく、振込融資が可能なのも嬉しいポイントです。

振込融資の場合は瞬フリという独自の仕組みで、原則24時間365日最短10秒で借入金を振り込んでもらえます。

何度キャッシングしても振込手数料は無料なので、無駄に支払うお金を少しでも抑えたい人に最適です。

融資時間最短30分限度額1〜500万円
金利4.5〜17.8%無利息期間最大30日間
カードレススマホATM取引
郵送物なし電話連絡なし

SMBCモビットならオペレーターへ電話すると優先的に審査を進めてもらえる

スマホとお金

SMBCモビットは、申し込み後すぐにオペレーターへ連絡して急いでいる旨を伝えると、優先的に審査を進めてもらえます

審査結果は最短30分後にメールで通知してもらえ、最短60分でキャッシングすることが可能です。

審査通過後は会員専用WebページのMyモビで振込キャッシングを依頼すると、最短3分後に借入金を銀行口座へ振り込んでもらえます。

さらに顧客の要望を叶える姿勢があり、WEB完結申し込みを選択してオペレーターへバレずに借りたい旨を伝えると、勤務先への電話連絡をなしにしてもらうことも可能です。

職場に内緒で今すぐキャッシングしたいのなら、オペレーターに要望を叶えてもらえるSMBCモビットを選んでみてはいかがでしょうか。

融資時間最短60分限度額1~800万円
金利3.0~18.0%無利息期間
カードレススマホATM取引
郵送物なし電話連絡なし

アコムは無利息期間が最大30日!期間中は利息が無料になる

アコムの自動契約機とお金

アコムは、初めての契約なら最大30日間の無利息期間が適用されます。

期間中は何度キャッシングしても利息が無料になるので、必要額だけこまめに借り入れしたい人に最適です。

アコムは即日融資にも対応しており、Webで申し込むと最短60分でキャッシングが可能になります。

楽天銀行の口座を持っていれば24時間いつでも最短1分で振込キャッシングに対応してもらえ、使い勝手の面でも申し分ありません。

Web申し込み後に自動契約機へ出向くとローンカードを即日発行することもできるので、スマホ操作が苦手な高齢者でも使いやすいキャッシング業者です。

融資時間最短60分限度額1~800万円
金利3.0~18.0%無利息期間最大30日間
カードレススマホATM取引
郵送物なし電話連絡なし△*

※相談すれば書類提出に変更できる可能性がある

エイワは対面融資が専門だから初心者でも借り方を詳しく教えてもらえる

スマホとお金

キャッシングのエイワは上述で紹介した消費者金融と違って対面融資に注力しており、Web申し込み後は店頭窓口へ出向いて契約する流れになります。

オペレーターと直接会って会話ができ、借り方や返済方法などをわかりやすく教えてもらえるのでキャッシング初心者にも最適です。

さらに対面与信をおこなっており、年収や職業といった属性情報だけではなく、家庭状況や返済の意思などを加味して審査の合否を決めています。

面倒に感じる人もいるかもしれませんが、属性内容だけで審査に落ちるリスクがないため、大手で融資を断られた人でもキャッシングできる可能性があります。

すでに他社の審査に落ちていて借り入れできるか不安な人は、キャッシングのエイワを検討してみてはいかがでしょうか。

融資時間最短即日限度額最大50万円
金利17.9507~19.9436%無利息期間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし×電話連絡なし×

アローは自宅に郵送物が自宅に届かないから家族にバレにくいのが強み

スマホとお金

アローは、公式アプリで契約すると郵送物をなしにできるのが魅力です。

スマホを操作するだけで振込キャッシングでき、ローンカードや契約書などの郵送物が自宅に届かないので家族にバレる心配がありません。

他にも申し込みから最短45分で審査結果を通知してもらえるうえに即日融資も可能で、大手消費者金融にも劣らないほどスピーディーに対応してもらえる印象があります。

中小消費者金融のひとつではありますが、全国対応なので住んでいる地域に関係なくキャッシングできるのも嬉しいポイントです。

ただし上限金利が19.94%と高めに設定されており、利息が増えるリスクがあるので、大手消費者金融で審査に通らなかった場合の選択肢として考えたほうがよいでしょう。

融資時間最短即日限度額最大200万円
金利15.0~19.94%無利息期間
カードレススマホATM取引×
郵送物なし電話連絡なし×

セントラルならセブン銀行ATMでローンカードを利用できる

スマホとお金

セントラルは中小消費者金融のなかで唯一、セブン銀行ATMでローンカードを利用してキャッシングできます

他社のローンカードは利用できるのが自社ATMまたは提携銀行ATMのみとなっているケースも多いため、使い勝手の良さを求めるのならコンビニでキャッシングできるセントラルが最適です。

セントラルでは平日の14:00までに契約をすると最短当日中のキャッシングが可能になり、融資スピードの面でも申し分ありません。

さらに最大30日間の金利が0円になるため、1ヶ月以内に完済すれば無駄な利息を支払わなくて済む利点があります。

中小消費者金融で大手消費者金融と同等のスペックを求めるのなら、セントラルで申し込むのもひとつの手段です。

融資時間最短即日限度額最大300万円
金利4.80〜18.0%無利息期間最大30日間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし電話連絡なし×

消費者金融と同様に、クレジットカードのキャッシング機能でも即日中に融資を受けられます。

クレジットカードのキャッシング枠は、海外のATMでも利用できるのが特徴です。

クレジットカードのキャッシングおすすめランキング!海外でも借りられる

クレジットカードとお金

知らない人も多いと思いますが、クレジットカードはATMに挿入するだけでキャッシングが可能です。

最大の特徴は海外キャッシングができることで、旅行中などに国外のATMで利用すると借入金を現地通貨で受け取れます

海外キャッシングの利点については、独立行政法人日本学生支援機構が運営する海外留学支援サイトにも記載されています。

海外キャッシングの機能がついているカードであれば、現地で提携ATMから現地通貨が引き出せます。

引用元:お金の管理-海外留学支援サイト

つまり現金を持ち歩く必要がなく、盗難に遭っても被害を最小限に抑えられるということです。

手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付帯している場合は、審査なしですぐに使い始められるので、明日海外へ出向く予定がある人でも間に合います。

反対に手持ちのクレジットカードにキャッシング機能が付帯していない場合は、新たに申し込みが必要になりますので覚えておきましょう。

もちろん海外だけではなく国内でも利用でき、セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMでお金を借りることが可能です。

キャッシングにおすすめのクレジットカードは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

キャッシングにおすすめのクレジットカードを比較

クレジットカードAC
マスターカード
三井住友カード
ナンバーレス
(NL)
dカードセディナカードJCB CARD
LOAN FAITH
ACマスターカード三井住友カードナンバーレス(NL)dカードセディナカードJCB CARD LOAN FAITH
融資時間最短即日最短即日最短即日〜1週間最短即日〜1週間最短3営業日
発行時間最短即日最短即日〜1週間最短1週間最短1週間最短3営業日
金利10.0〜14.6%最大18.0%最大18.0%最大18.0%4.40~12.50%
限度額最大300万円最大50万円最大90万円最大200万円最大500万円
借入最少額1万円〜1万円〜1万円〜1万円〜1万円〜
国内キャッシング
海外キャッシング
詳細詳細詳細詳細

クレジットカードキャッシングのおすすめポイント

  • 海外キャッシング時に現地通貨で借り入れできる
  • 手持ちのクレジットカードでキャッシングできる
  • キャッシング機能が付帯されていれば審査は不要

クレジットカードのキャッシング機能を利用するなら、即日発行に対応していて即日融資が可能なブランドを選ぶのが最適です。

上記のなかで即日発行と即日融資が可能なのは、ACマスターカードのみです。

ACマスターカードなら即日発行できるからすぐにキャッシング可能

スマホとお金

ACマスターカード即日発行に対応しており、Web申し込み後に自動契約機へ出向くとその場でカードを受け取れます。

入会とキャッシング枠を開設するための審査はどちらも最短30分で終了し、すぐに使い始められるのが特徴です。

他社のクレジットカードと違ってポイント制度はありませんが、代わりにキャッシュバック機能が採用されており、利用金額のうち0.25%が自動的に戻ってきます

例えば10万円をキャッシングした場合、250円相当が自分の銀行口座へ振り込まれるということです。

キャッシュバックでもらったお金は買い物に利用するのはもちろん、利息の返済にあてるのもよいでしょう。

融資時間最短即日限度額最短即日
限度額最大300万円 金利10.0〜14.6%
年会費永年無料入会年齢20歳以上

三井住友カードナンバーレス(NL)は最短30分で審査結果がわかる

三井住友カードナンバーレス(NL)とお金

三井住友カードナンバーレス(NL)は、キャッシング枠を開設するときの審査が最短30分で終了します。

すぐに審査結果がわかるので、すでに入会している人であればその日のうちにキャッシングをすることも可能です。

さらに年会費永年無料で使い続けられ、初めてクレジットカードを持つ学生でも作りやすい利点があります。

ただし即日発行できるのはスマホ上でカード番号とセキュリティコードを受け取れるナンバーレスカードのみとなっており、カードの現物自体は1週間後に届きます。

新規発行で即日キャッシングをするのは難しいので、余裕を持って申し込んでおいたほうがよいでしょう。

融資時間最短即日限度額最短1週間(デジタルカードの場合は即日)
限度額最大50万円金利最大18.0%
年会費永年無料入会年齢18歳以上

dカードは会員ページから24時間いつでも振込キャッシングを依頼できる

dカードとお金

dカードは振込融資に対応しており、公式サイトの会員ページで24時間いつでもキャッシングの依頼ができます

借りたい金額を入力すると、最短3営業日後に銀行口座へ振り込んでもらえる仕組みです。

すぐに現金が必要な場合は、コンビニATMや提携ATMを利用するとその場で借入金を受け取れます。

振込キャッシングとATMのどちらにも対応しているクレジットカードは他にないので、使い勝手の良さを重視する人はdカードを選びましょう。

融資時間最短即日〜1週間限度額最短1週間
限度額最大90万円金利最大18.0%
年会費永年無料入会年齢18歳以上

セディナカードなら三井住友銀行のATM手数料が何回でも無料になる

スマホとお金

セディナカードでキャッシングする際は、三井住友銀行のATMを利用すると何回でも手数料が無料になります。

無制限で手数料が無料になる条件は、セディナカードの引き落とし先を三井住友銀行の口座に指定しておくことです。

セディナカードの引き落とし先を三井住友銀行の口座に指定すると、支払いが実行された翌々月から手数料無料の特典が適用されます。

その他にもセブン銀行ATMやローソン銀行ATM、イーネットATMの手数料が月に3回まで無料になります。

さらに国内の利用であれば7日間無利息キャッシング(ゼロプラン)が適用され、1週間以内に完済すれば利息が発生しないのも嬉しいポイントです。

融資時間最短即日〜1週間限度額最短1週間
限度額最大200万円金利最大18.0%
年会費永年無料入会年齢18歳以上

JCB CARD LOAN FAITH(キャッシング専用)は5万円までの借入なら金利5.0%

スマホ

JCB CARD LOAN FAITHは、JCBカードが発行するキャッシング専用のカードです。

利用可能枠でキャッシング1回払いを選択すると、5万円まで金利5.0%で借り入れできるようになります。

5万円以上の借り入れであっても12.5%以下の金利が適用されるため、平均18.0%の他社カードに比べるとかなり低金利でキャッシングできます。

他にもカード受け取り後は、会員サイトを利用すると最短10秒ほどで振込キャッシングに対応してもらえるのが嬉しいポイントです。

低金利で早くキャッシングしたい人は、金利5.0%で即時振込が可能なJCB CARD LOAN FAITHを選んでおけば間違いないでしょう。

融資時間最短3営業日限度額最短1週間
限度額最大500万円金利4.40~12.50%
年会費永年無料入会年齢20歳以上58歳以下

さらに低金利なカードローンで利息を抑えたい人は、5.0%以下でお金を借りることも可能な銀行カードローンを選んでみてはいかがでしょうか。

銀行カードローンは平均金利が2.2〜15.0%なので利息を抑えたい人に最適

ローンカードとお金

銀行カードローンは消費者金融やクレジットカード会社などの貸金業者と違って利息収入を重視しておらず、2.2〜15.0%の低金利でキャッシングできるのが特徴です。

低金利で借りられる取り組みに前向きで、借入残高が100万円を超えると徐々に適用金利を引き下げてもらえます。

少額の借入であっても1年以上継続して借り続けると優良顧客として認識されることから定期的に金利を見直してもらえ、何度も引き下げてもらえるチャンスがあります。

さらに金利半額キャンペーンなどのイベントも積極的に開催されているので、利息を最小限に抑えたい人に嬉しい特典が豊富です。

初回契約の場合は平均15.0%の最大金利が適用されますが、金利18.0%の消費者金融やクレジットカードと比べると3.0%以上も安くなります。

銀行カードローンと消費者金融とクレジットカードの利息を比較

たったの3.0%と思う人もいるかもしれませんが、例えば100万円を1年間借りた場合の利息金額には3万円以上の差ができます。

金利が高いほど返済の負担が重くなるので、高額融資や長期間のキャッシングを検討している人は銀行カードローンを選んだほうがよいでしょう。

キャッシングにおすすめな銀行カードローンは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

銀行カードローンの比較

銀行カードローン楽天銀行
スーパーローン
みずほ銀行
カードローン
三井住友銀行
カードローン
三菱UFJ銀行
カードローン
バンクイック
auじぶん銀行
カードローン
じぶんローン
楽天銀行みずほ銀行三井住友銀行三菱UFJ銀行auじぶん銀行
融資時間最短翌日最短1週間前後最短1週間前後最短1週間前後最短1週間前後
金利1.9〜14.5%2.0〜14.0%4.0〜14.5%1.8〜14.6%1.48~17.5%
限度額10〜800万円10〜800万円10〜800万円10〜500万円10〜800万円
借入最少額1万円〜10万円〜10万円〜10万円〜10〜800万円
無利息期間最大30日間
提携ATM
手数料無料
キャッシュカード
一体化
×××
詳細

銀行カードローンのおすすめポイント

  • 平均金利が15.0%以下で消費者金融より3%も低い
  • 自社ATMと提携ATMの利用手数料が無料
  • 手持ちのキャッシュカードで借り入れできるケースもある

銀行カードローンでキャッシングするなら、最短翌日に借入金を受け取れる楽天銀行スーパーローンが最適です。

融資時間の早さを保ちつつ、ネット銀行ならではの金利でキャッシングできます。

楽天銀行スーパーローンはネット銀行ならではの金利1.9〜14.5%で借りられる

楽天銀行スーパーローンのローンカードとお金

楽天銀行スーパーローンは適用利率が1.9〜14.5%となっており、ネット銀行ならではの金利でキャッシングできるのが魅力です。

定期的に金利が半額になるキャンペーンもおこなっていて、カードローンの利益を顧客に還元しています。

さらにメガバンクと違って知名度が低いことから積極的に新規顧客を獲得しており、融資に前向きな印象があります。

上述で銀行カードローンは審査を厳格化していると言いましたが、ネット銀行はメガバンクと比べて金融庁からの監視が緩く、まだそれほど影響を受けていません。

楽天銀行スーパーローンでキャッシングできる可能性を高めたいのなら、金融庁からの監視を強化されていない今が狙い目です。

融資時間最短翌日限度額10〜800万円
金利1.9〜14.5%無利息期間最大30日間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし×電話連絡なし×

みずほ銀行カードローンはイーネットATMの時間外手数料が月3回まで無料

スマホとお金

みずほ銀行カードローンは、みずほマイレージクラブに入会しているとイーネットATMの時間外手数料が月に3回まで無料になります。

イーネットATMはファミリーマートやデイリーヤマザキなど、47都道府県のコンビニまたはスーパーに13,272台以上設置されており、場所を選ばずにキャッシングしやすい利点があります。

他にもみずほ銀行で住宅ローンを組んでいる人は、カードローンで0.5%の金利優遇を受けられるのが特徴です。

みずほ銀行を普段から利用している人は、カードローンも契約すると利息や手数料などの余分に支払うお金を抑えられるでしょう。

もちろん、みずほ銀行を利用していない人でも口座開設不要でキャッシングできます。

融資時間最短1週間前後限度額10〜800万円
金利2.0〜14.0%無利息期間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし×電話連絡なし×

三井住友銀行カードローンなら手持ちのキャッシュカードで借り入れできる

スマホとお金

三井住友銀行カードローンは、キャッシュカードを利用してキャッシングできるのが特徴です。

他社ではすでに銀行口座を持っていても別途でカードの発行が必要になりますが、三井住友銀行なら手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を追加できます。

カードの枚数が増えないため、契約しても財布の中身がかさばりません。

さらにキャッシュカードなら、コンビニATMで利用しているところを周囲に見られても、キャッシングをしているとはバレないでしょう。

ローンカードを見られて気づかれるリスクを回避したいのなら、キャッシュカードでキャッシングできる三井住友銀行カードローンを選ぶのが最適です。

融資時間最短1週間前後限度額10〜800万円
金利4.0〜14.5%無利息期間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし×電話連絡なし×

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは口座開設不要で申し込める

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックのローンカードとお金

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは、三菱UFJ銀行を利用していない人でも口座開設不要でキャッシングできます

他社では固定客を増やす目的があることから口座を持っていないと契約できないケースもありますが、三菱UFJ銀行カードローン バンクイックなら余分に開設する必要がありません。

反対に三菱UFJ銀行の口座を開設すると、三菱UFJダイレクトを利用してスマホひとつで返済することが可能になります。

ATMへ出向かなくても自宅で返済できるので、使い勝手の良さを求めるのなら新たに口座を開設するのもよいでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックは自社ATMだけではなく、セブン銀行やローソン銀行などのコンビニATMで手数料及び時間外手数料が無料になるのも嬉しい嬉しいポイントです。

融資時間最短1週間前後限度額10〜500万円
金利1.8〜14.6%無利息期間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし×電話連絡なし×

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)は最大0.5%の金利優遇がある

スマホとお金

auじぶん銀行カードローン(じぶんローン)は、auユーザーに対して最大0.5%の金利優遇特典を提供しています。

例えば標準の適用利率が17.5%だった場合、auユーザーであることを伝えると17.0%でキャッシングできるということです。

さらにauユーザーがauじぶん銀行カードローン(じぶんローン)で契約すると、最大11,000円相当のPontaポイントがもらえる利点があります。

金利を優遇してもらえるうえにPontaポイントまでもらえるので、auユーザーが最もお得にキャッシングできる銀行カードローンです。

ただし金利を優遇してもらっても数値が高めな点は否めないので、低金利で借りたいのなら上述で紹介したような15.0%以下の銀行カードローンで申し込んだほうがいいかもしれません。

融資時間最短1週間前後限度額10〜800万円
金利1.48~17.5%無利息期間
カードレス×スマホATM取引×
郵送物なし×電話連絡なし×

銀行カードローンは低金利で借り入れできるのが魅力ですが、審査に1週間以上かかるケースがほとんどなので、手っ取り早くキャッシングするのは難しい実情があります。

手持ちのキャッシュカードでキャッシングするとしても、審査結果が出るまでの待ち時間はほとんど変わりません。

他にも前述で触れたように審査が厳しくて契約自体が難しいので、早くお金を借りたいのであれば消費者金融やクレジットカードでキャッシングしたほうがよいでしょう。

即日融資や低金利といったあなたの希望を叶えられる借入方法は、以下の検索ツールでも見つけられますのでぜひご利用ください。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ
職業で選ぶ
審査時間で選ぶ
借入額で選ぶ

利用したい業者が決まったら、審査落ちにならないためにも事前に貸付条件や限度額などを確認しておくのが最適です。

では、キャッシングについて初心者向けに詳しく解説していきます。

キャッシングとは現金を借りられる個人向け融資の総称のこと

ATMとお金

そもそもキャッシングとは、民間の貸金業者や金融機関などから個人がお金を借りられる方法全般のことを指します。

キャッシングに分類される業者は幅広くありますが、代表的なのはカードローンとクレジットカードの2種類です。

キャッシング業者取扱金融機関
カードローン銀行、消費者金融
クレジットカードのキャッシング機能クレジットカード会社

どちらもスマホひとつで簡単に申し込めるうえ、ATMでカードを利用するだけで手っ取り早くお金を借りられます。

借入回数や利用する時間帯には制限がなく、お金が必要な時にいつでもキャッシングできるのが魅力です。

とはいえ、カードローンとクレジットカードのどちらで申し込むか迷っている人もいますよね。

キャッシング業者を選ぶ時は、利用したい目的に合わせて借入先を決めるとよいでしょう。

カードローンとクレジットキャッシングの違いはショッピング枠の有無

ローンカードとスマホ

カードローンとクレジットカードキャッシングの大きな違いは、ショッピング機能の有無です。

クレジットカードの場合、発行した時点で主な機能としてショッピング枠が付帯されているので、キャッシングだけではなくキャッシュレスで買い物ができます

キャッシング機能は、あくまでもクレジットカード会社が提供している商品のひとつということです。

一方でカードローンは借り入れ専用の商品となっており、クレジットカードのように買い物といった他の用途には利用できません。

しかしクレジットカード会社よりも貸金業務に注力しているため、即日融資や無利息期間、電話連絡なしといった顧客特典が豊富に展開されています。

そのため使い勝手の良さを重視するならカードローン、完済後も使い続けたいのならクレジットカードのキャッシング機能を選ぶとよいでしょう。

基本的に担保や連帯保証人なしで借りられるので他人に迷惑がかからない

カードローンやクレジットカードのキャッシング機能は、基本的に担保や連帯保証人なしで利用できます。

後述で詳しく説明しますが、初回契約の場合は限度額が50万円程度になり、融資金額が高額な住宅ローンやマイカーローンと違って貸し倒れになるリスクが少ないからです。

親や知人にサインをお願いしたり自宅を担保に入れたりする必要がなく、誰にも迷惑がかかりません。

特に連帯保証人をお願いするのはキャッシングがバレる最大の原因になり、親しい人との人間関係が崩れる可能性があります。

そのため関係性を崩したくないのなら、自分の意思だけでキャッシングできるカードローンやクレジットカードを選ぶのが最適でしょう。

ただし、申し込んだからといって誰でもキャッシングできるわけではありません。

借り入れできる条件は20歳以上で安定した収入を得ていること

お金と給与明細と運転免許証

キャッシングを利用するには、借入先が提示している貸付条件を満たしていることが必要です。

ほとんどのキャッシング業者は、貸付条件として20歳以上で安定した収入を得ていることを提示しています。

キャッシング業者ごとに貸付条件を調査した結果は、以下のとおりです。

キャッシング業者貸付条
レイクALSA満20〜70歳で安定した収入を得ている方
アイフル満20〜69歳で安定した収入を得ている方
プロミス
SMBCモビット
アコム
エイワ満20〜79歳で安定した収入を得ている方
アロー満24〜66歳で安定した収入を得ている方
セントラル満20歳以上で定期的な収入と返済能力を有する方
楽天銀行スーパーローン満20〜62歳以下で安定した収入を得ている方
みずほ銀行カードローン満20〜66歳で安定した収入を得ている方
三井住友銀行カードローン満20〜69歳で安定した収入を得ている方
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック満20〜65歳で安定した収入を得ている方
auじぶん銀行カードローン じぶんローン満20〜70歳で安定した収入を得ている方
ACマスターカード満20歳以上で安定した収入を得ている方
三井住友カードナンバーレス(NL)満18歳以上(高校生は除く)
dカード満18歳以上(高校生は除く)
セディナカード満20以上で完済時の年齢が75歳以下の方
JCB CARD LOAN FAITH満20〜58歳で安定した収入を得ている方

表を見てわかるように、キャッシング業者は20歳以上の成人を貸付対象としており、未成年は審査に通過することが難しい実情があります。

しかしクレジットカードに限っては高校を卒業していれば18歳から入会できるため、キャッシングできる可能性があります。

クレジットカードなら未成年でも審査に通過できるケースがある

クレジットカードによっては、将来的にメインカードとして使ってもらう目的で、18歳や19歳の未成年を入会対象に含めているケースがあります。

そのため、クレジットカードなら未成年でもキャッシングの審査に通過できる可能性があります。

ただし、未成年がローン契約をする場合は親権者の同意がなければ取り扱ってもらえません

未成年が独断で締結したローン契約は、親権者の意思によって取り消せる権利が民法で認められているからです。

民法では,未成年者が親の同意を得ずに契約した場合には,原則として,契約を取り消すことができるとされています(未成年者取消権)。

引用元:民法(成年年齢関係)改正Q&A-法務省

契約が取り消しになると損失が発生してしまうため、クレジットカード会社は未成年者からの申し込みがあった場合に必ず親権者の同意書を確認します。

同意書がない場合は入会を断られてしまうため、未成年がお金を借りるのならあらかじめ親に相談しておいたほうがよいでしょう。

利用限度額は年収の3分の1までに設定されるケースがほとんど

スマホ

キャッシングの利用限度額は、年収の3分の1までに設定されるのが一般的です。

例えば年収300万円の人が申し込んだ場合、利用限度額は最大100万円までになります。

キャッシングの種類で利用限度額を比較した結果は、以下のとおりです。

キャッシング業者利用限度額
消費者金融年収の3分の1まで
銀行カードローン年収の2分の1まで
クレジットカードのキャッシング機能年収の3分の1まで

消費者金融とクレジットカードのキャッシング機能は、貸金業に該当することから貸金業法が適用されます。

貸金業法における総量規制では、過剰貸付を防止する目的で借入上限額を年収の3分の1までに制限しているため、それ以上を借りることはできません。

一方で銀行カードローンは貸金業者ではなく金融機関に該当することから銀行法に基づいて営業しており、原則として年収の2分の1までは借り入れできます。

しかし銀行カードローンは2018年に金融庁から過剰貸付を指摘されて以降、業務改善を図るために利用限度額を貸金業者と同水準に引き下げており、総量規制以上の借り入れに消極的です。

いずれも返済能力を超える借り入れは難しいため、どうしても年収の3分の1以上借りたい人は総量規制の対象外となる借入方法を検討しましょう。

総量規制対象外の借入方法なら総量規制以上を借りられる

お金

先ほどキャッシングの利用限度額は年収の3分の1になると言いましたが、総量規制対象外の借り入れ方法であれば収入に関係なく借り入れできます

総量規制対象外となる個人向けの借り入れ方法は、以下のとおりです。

  • おまとめローン
  • 借り換えローン
  • 住宅ローン
  • 自動車ローンなど

おまとめローンや借り換えローンは、総量規制の借入残高を段階的に減少させるための借り換えに該当することから例外貸付として認められています。

住宅ローンや自動車ローンは現金を借りるわけではなく、資産を購入する目的で組むローンであるため総量規制から除外されています。

既存のローンですでに年収の3分の1以上を借りている人でも、上記の借り入れ方法であれば新たに借り入れすることが可能です。

実際に管理人は消費者金融から年収の3分の1以上を借りていた時に他社で融資を断られた経験がありますが、当時はおまとめローンで申し込んで新たな借り入れに成功しました。

借り入れ残高が多くてキャッシングの審査に通らない人は、総量規制対象外の借り入れ方法を検討してみてはいかがでしょうか。

審査が甘いところはない?判断基準は貸金業法によって定められている

貸付条件表

結論からいうと、審査基準を甘くしているキャッシング業者はありません

貸金業法や銀行法では審査で顧客の返済能力を確認することが義務付けられており、多重債務になる可能性がある人へむやみに貸付をおこなえない仕組みになっているからです。

実際に銀行カードローンは定期的に金融庁からの立入検査を受けており、不正融資がないか抜き打ちチェックをされています。

金融庁は1日、過剰な貸し付けが問題になっている銀行カードローンについて、メガバンクや地方銀行などに9月から立ち入り検査をすると発表した。融資審査などの実態を調べ、悪質なら行政処分もする。

引用元:金融庁、銀行カードローンを立ち入り検査へ-日本経済新聞

しかし消費者金融やクレジットカード会社であればまだ金融庁からの監視がそれほど厳しくないため、銀行カードローンに比べると難易度が低い印象があります。

どうしても銀行カードローンでキャッシングしたい特別な理由がないのなら、審査難易度が低めの消費者金融やクレジットカードで申し込んだほうがいいかもしれません。

では、最後におすすめのキャッシング業者についてまとめておきますので参考にしてください。

管理人のアドバイス

  • キャッシングでおすすめなのは即日融資が可能な消費者金融
  • レイクALSAならWeb申し込みで最短60分融資が可能
  • 銀行カードローンは審査を厳格化しているので即日融資が難しい
  • クレジットカードで海外キャッシングすると現地通貨で借り入れできる