郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法!3種類の自動貸付について

お金を借りたいけど、消費者金融やクレジットカード会社などの金融機関で借りるのは抵抗があるという人は多いのではないでしょうか。

知らない人も多いと思いますが、実は私たちの身近にある郵便局でもお金を借りることができます。

郵便局は地域密着を掲げて全国に24,060店舗も展開しており、手紙や品物を配達する業務の他にゆうちょ銀行を展開して金融業務を手掛けています。

総務省が管轄しているうえに誰もが一度は利用したことのある郵便局なら、初めてお金を借りる人でも安心です。

とはいえ、お金の借り方を知っていないと申し込むのが不安になりますよね。

ここでは、郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法自動貸付について解説していきます。

審査なしで借りる方法や返済についても記載していますので、ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること

  • ゆうちょ銀行なら定期貯金や国債を担保にお金を借りられる
  • 自分の貯金を担保にするから審査なしで融資を受けられる
  • 借りられる金額は財産の80〜90%!最大300万円まで
  • ゆうちょ銀行のATMや貯金窓口で借入金を受け取れる
  • 担保なしでは契約できないため注意が必要

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる方法について

郵便局

ゆうちょ銀行では、自動貸付けというサービスでお金を借りられます。

自動貸付けとは、通常貯金が残高不足になったときにその不足分を自動的に貸し付けてもらえる制度です。

例えば、通常貯金の残高が30万円しかなくても35万円を引き出すことができます。

この自動貸付けを利用するには、担保が必要になります。

担保の種類は、定期貯金、国債、財形貯金の3つです。

名称
定期貯金貯金担保自動貸付け
国債国債等担保自動貸付け
財形貯金財産形成貯金担保貸付け

自動貸付を利用するには上記のような担保が必要になるため、所有していない人は貸付対象として認められません。

自動貸付の対象外になる人は、「今すぐお金を借りる方法!素早く借りたい人に最適な借り方をわかりやすく解説」で借入方法を紹介していますのでそちらを参考にしてください。

担保を所有している人は、種類について詳しく解説していきますので参考にしてください。

貯金担保自動貸付け

ゆうちょ銀行の通帳と印鑑

ゆうちょ銀行の総合口座で管理する担保定額貯金、担保定期貯金を担保とします。

預入金額の90%以内の金額(300万円)まで、融資が可能です。

通常貯金の残高よりも多く引き出すと、総合口座通帳の残高欄にマイナスで表示されます。

貸付限度額1冊の総合口座通帳につき最大300万円
貸付期間貸付日から2年間
返済方法貸付金額と利子分を通常貯金に預け入れすれば、自動的に返済となる

貸付期間内であれば、何回でも借り入れ可能です。

国債等担保自動貸付け

国債等担保自動貸付けは、ゆうちょ銀行の総合口座で管理する国債を担保とします。

ただし、ゆうちょ銀行または郵便局で購入した国債であることが条件です。

貯金担保自動貸付けと同じく、通常貯金の残高よりも多く引き出した場合は総合口座通帳の残高欄にマイナスで表示されます。

貸付限度額国債の80%、かつ1人につき200万円まで
貸付期間貸付日から1年間
返済方法貸付金額と利子分を通常貯金に預け入れすれば、自動的に返済となる

借り入れ回数に制限はないので、一度に高額のお金を借りるのに抵抗がある人は少額ずつ借りることもできます。

財産形成貯金担保貸付け

財形定額貯金や財形年金定額貯金、または財形住宅定額貯金を担保とします。

預入金額の約90%に利子を加えた金額の300万円まで、借りることができます。

貸付限度額最大300万円
貸付期間貸付日から2年間
返済方法期間内に、貸付金額と利子分をゆうちょ銀行の窓口に返済
返済回数は1〜4回まで選べる

貯金担保自動貸付けと同じく、貸付期間は2年間です。

ただし貸付期間内に担保とする貯金が満期を迎える場合は、その満期までになります。

注意

貯金担保自動貸付けと国債等担保自動貸付けは、ATMで借り入れと返済ができます。

財産形成貯金担保貸付けは、借り入れも返済もゆうちょ銀行の貯金窓口でしかできないので注意しましょう。

郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる自動貸付けのやり方は?

ATM

ゆうちょ銀行の自動貸付の流れは、以下のとおりです。

  • STEP1
    申し込み
    自動貸付けの申し込みは、ゆうちょ銀行または郵便局の貯金窓口でおこないます。

    担保となる定額貯金や国債を持っていれば、すぐに契約ができます。

  • STEP2
    審査
    定額貯金や国債を持っていればそれが担保となるため、審査はありません。
  • STEP3
    貸付開始
    ゆうちょ銀行のATMまたは貯金窓口で、お金を借りることができます。
  • STEP4
    返済
    ゆうちょ銀行のATMまたは貯金窓口で、返済をしていきます。
もしも期間内に返済ができなかった場合は、担保とした貯金や国債が強制的に解約されますので注意してください。

貸付金額と利子分が差し引かれたあとの残額については、通常貯金の口座に入金されます。

ゆうちょ銀行の営業時間は?

時計

前項で説明したように、自動貸付けはゆうちょ銀行の貯金窓口でしか申し込めません。

ゆうちょ銀行で自動貸付けの申し込みをするときは、こちらの営業時間を参考にしてください。

平日9時〜16時
休日土日祝休み

大きな郵便局(ゆうちょ銀行)の郵便窓口は土日でも営業しているところがありますが、貯金窓口は基本的に平日しか開いていないので注意しましょう。

ATMでの借り入れや返済は、9時〜21時(土日は9時〜19時)で利用できます。

郵便局の自動貸付けは審査が不要

郵便局の自動貸付けは、基本的に審査がありません

定期貯金や定額貯金、国債が担保になるからです。

ゆうちょ銀行の通常貯金口座を持っていることも、大前提になります。

ゆうちょ銀行でお金を借りたいと考えている人は、通常貯金と担保となる定期貯金などを持っているか、確認しましょう。

ゆうちょ銀行の自動貸付けの金利は低い

通帳と印鑑

ゆうちょ銀行の自動貸付けの金利は、銀行や消費者金融などに比べ、低くなっています

貯金担保自動貸付け

担保定額貯金の場合 返済時の約定金利(%)+0.25%
担保定期貯金の場合 預入時の約定金利(%)+0.5%

国債等担保自動貸付け

貸付時における預入期間1年の定期貯金の約定利率(%)+1.70%

財産形成貯金担保貸付け

返済時の約定利率(%)+0.25%

約定利率(やくじょうりりつ)とは、契約によって定められた利率のことです。

2020年2月5日時点でのゆうちょ銀行の約定利率(約定金利)は、0.010%です。

定額貯金を担保にすると金利は0.010%+0.25=0.26%となり、かなり低いことがわかります。

これほど低い金利でお金を借りられるところは、民間の金融機関ではゆうちょ銀行だけです。

ちなみに、通常貯金の金利は0.001%になっています。

参考元:金利一覧-ゆうちょ銀行

郵便局の自動貸付けを申し込むときの必要書類

健康保険証と運転免許証と印鑑

ゆうちょ銀行でお金を借りるときに必要なものは、以下を参考にしてください。

  • 運転免許証などの本人確認書類
  • 印鑑
  • 通常貯金の通帳
  • 担保となるもの(定期貯金の通帳や国債など)

必ず提示を求められるわけではありませんが、念のため持っていったほうが手続きがスムーズにいくでしょう。

ゆうちょの自動貸付けは担保不要の借り入れは不可!

ゆうちょの自動貸付けを利用すれば、大変低金利にお金を借りられます。

しかし、どれも担保となる定期預金の預け入れや国債を持っていることが条件になります。

ゆうちょの自動貸付けが低金利に借りられるのは、有担保融資になるからです。

無担保融資を希望する場合は、やはり銀行や消費者金融などのカードローンを利用するしかありません

ゆうちょの自動貸付けと比べてカードローンの金利は高くなるものの、無担保なうえに無保証人の借り入れが可能となっています。

担保を持っていない場合は、アイフルのように無担保で借りられるカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

窓口で契約手続きするため来店が必要

自動貸付けを利用するには、窓口での契約手続きが必要になります。

上述でも説明がありますが、営業時間内(平日9:00〜16:00)にゆうちょ銀行の窓口に来店しなくてはならず、土日祝は営業していません。

工場勤務などで仕事を抜けられない人は、かなりネックになるポイントだと思います。

平日休みになるまで待たなくてはならず、融資までに時間がかかることがあります。

平日昼間の自由が効きづらい人に、ゆうちょ銀行の自動貸付けはおすすめできません。

窓口来店が難しい場合はレイクALSAのように来店不要で、申し込みから借り入れまで最短60分で借りれるカードローンを検討されてはいかがでしょうか。

ゆうちょ銀行で借り入れをするときの注意点!ATMで返済できない場合も

ATM

ゆうちょ銀行の自動貸付けは、通常貯金を持っているだけでは利用できません

担保となる定額貯金や、購入した国債などが必要です。

定額貯金などを持っていない人は、まず担保の確保をしましょう。

自動貸付けの借り入れと返済は、基本的にATMでもできます。

しかし、財産形成貯金担保貸付けはATMでの借り入れや返済ができません

ゆうちょ銀行の貯金窓口でしかできないため、注意してください。

キャッシュカードで借りれる「したく」は2018年10月末で受付終了

ゆうちょ銀行には自動貸付けのほかに、「したく」というカードローンがありました。

したくは、20歳以上で安定した収入があれば、主婦やパート・アルバイトでも最高500万円まで借りられるカードローンです。

金利は年7.00%〜14.90%と、銀行カードローンとあまり変わりません。

保証人も担保も必要ないのが、メリットです。

したくはスルガ銀行との共同運営ですが、2018年10月末で新規受付が終了になりました。

全国に数多くある郵便局のカードローンが終了してしまったのは、残念ですね。

すでに契約をしている人は、引き続き利用できるので安心してください。

担保は必要になりますが、したくよりも圧倒的に低金利でお金を借りられる自動貸付けもおすすめなので検討してみてはいかがでしょうか。

ゆうちょ銀行のフリーローンは8種類

お金

ゆうちょ銀行には、自動貸付けのほかにも8種類の目的型フリーローンがあります。

2017年10月2日に名称変更され、現在はパーソナルローンになっています。

パーソナルローン夢航路のプラン

内容
自己投資応援プラン資格取得などスキルアップを目指す人への自己投資費用
教育プラン幼稚園から大学まで、子供の入学金や授業料などを支援
オートプラン新車や中古車(バイク可)の購入費用として
ハッピープラン結婚・出産費用などを支援
エコプラン屋上緑化や太陽光発電システムなどエコ計画の費用を応援
リフォームプラン自宅のリフォーム費用
不動産プラン土地や不動産購入のための費用。現在は受付を停止中
フリープラン事業資金以外で、さまざまな目的に利用できるプラン

これらのパーソナルローンは、すべてスルガ銀行のローンをゆうちょ銀行が代行しておこなっています。

融資金額は最高1000万円で固定金利、返済期間は10年以内とすべてのプランに共通です。

パーソナルローンには上記の目的型ローン以外にも、親孝行型ローンがあります。

離れて暮らす両親のための、介護用品の購入や福祉施設の入居費用などを融資しています。

店舗が多く、使い勝手が良いところがゆうちょ銀行の長所です。

近くにあると思いますので、ぜひ利用してみてください。

まとめ

郵便局はもともと国の機関であったため、安心感や信頼感があります。

担保があれば、無審査かつ低金利でお金を借りられることがゆうちょ銀行の強みです。

消費者金融などから借りるのに抵抗がある人は、ゆうちょ銀行の自動貸付けを利用してみてはいかがでしょうか。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ
職業で選ぶ
審査時間で選ぶ
借入額で選ぶ