クレジットカードおすすめランキング【2021年最新】人気のクレカをまとめて比較

クレジットカードは信販系の他にもネット通販サイトやデパート系など1,000枚を超える種類があり、どれを選んだらいいのかわからない人は多いのではないでしょうか。

比較する基準はいくつもありますが、実際のところ特に抑えておくべきなのは以下の4点のみです。

この記事でわかること

  • ポイントの還元率が高いか
  • 貯めたポイントの使い道が豊富か
  • 年会費が永年無料かどうか
  • 旅行保険やサービスが充実しているか

ここでは管理人が実際に上記の基準で比較した結果をもとに、クレジットカードのおすすめランキングを紹介していきます。

初心者でも失敗しない選び方や属性別におすすめなクレジットカードについても詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

  1. クレジットカードのおすすめランキング15選!2021年の人気クレカを比較
    1. JCB CARD Wはいつでもポイント2倍!還元率が最大10.0%だから貯めやすい
    2. 三井住友カード ナンバーレスはコンビニやマクドナルドで最大5.0%還元
    3. ライフカードは年会費無料で誕生月のポイントが3倍
    4. セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはQUICPay利用でポイント3%還元
    5. 三井住友カードデビュープラスはいつでもポイント2倍!入会後3ヶ月間は5倍
    6. エポスカードは年会費無料でも海外旅行傷害保険がついている
    7. dカードは電子マネーのiDと一体化できるから支払いが楽
    8. VIASOカードなら貯めたポイントを自動的にキャッシュバックされる
    9. JCB CARD W plus Lは女性がうれしい特典が豊富!毎月プレゼントをもらえる
    10. dカード GOLDはドコモの携帯利用料金や月額サービスの支払いで最大10%還元
    11. JCB一般カードは海外または国内旅行の損害保険が最高3,000万円
    12. イオンカードセレクトは持っているだけで割引優待が受けられる
    13. JCBゴールドは国内やハワイの空港ラウンジが無料で利用できる
    14. アメリカン・エキスプレス・カードは一般カードでも旅行時の優待が手厚い
    15. セブンカード・プラスはセブン-イレブンやイトーヨーカドーでポイント2倍
    16. 楽天カードはポイントが1.5〜3倍でザクザク貯まる
  2. メインで使うクレジットカードのおすすめな選び方!初心者でも失敗なし
    1. 還元率1.0%以上は必須!数値が高いほどポイントの価値が上がる
    2. 年会費の有無で付帯保険の補償額やサービスの質が異なる
    3. 万が一に備えたい人は希望する付帯保険のあるカードを選ぼう
    4. 旅行サービスが付帯していると予約や手荷物配送などが楽になる
    5. すぐにカード決済したい人は即日発行できるブランドを選ぶのが最適
    6. 国際ブランドで選ぶならカードの用途を踏まえて決めよう
    7. ステータス重視!ハイグレードなカードにすると周りと差がつく

クレジットカードのおすすめランキング15選!2021年の人気クレカを比較

クレジットカード

どのクレジットカードを作ろうか迷っているのなら、まずは人気な商品を検討しましょう。

クレジットカードに詳しい人はスペックの良し悪しで申し込むか判断しているため、使い勝手のいい商品は自然と人気度が高くなります。

つまり、人気なクレジットカードに申し込めば初心者でも失敗しないということです。

クレジットカードを利用している1,000人を対象にアンケートを取り、人気度の高かった商品を比較した結果を以下でまとめましたので参考にしてください。

クレジットカードの利用

クレジットカードJCB CARD W三井住友カード
ナンバーレス
ライフカードセゾンパール・
アメリカン・
エキスプレス
三井住友カード
デビュープラス
エポスカードdカードVIASOカードJCB CARD W
plus L
dカード GOLDJCB一般カードイオンカード
セレクト
JCBゴールドアメリカン・
エキスプレス・
カード
セブンカード・
プラス
楽天カードその他
JCB CARD W三井住友カード ナンバーレスライフカードセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード三井住友カード デビュープラスエポスカードdカードVIASOカードJCB CARD W plus Ldカード GOLDJCB一般カードイオンカードセレクトJCBゴールドアメリカン・エキスプレス・カードセブンカード楽天カード
アンケート回答数242人103人98人95人78人73人64人53人37人32人30人27人22人19人13人7人7人
年会費永年無料無料無料無料無料*無料*永年無料無料永年無料年11,000円年1,375円無料初年度無料年13,200円無料無料
還元率1.0%~10.0%0.5%〜5.0%0.5%~1.5%0.5%〜10.0%1.0%~3.0%0.5%~1.25%1.0%~4.5%0.5%〜1.5%1.0%〜10.0%1.0%〜4.0%0.5%~5.0%0.5%~1.33%0.5%~5.0%0.5%0.5%~6.5%1.0%~3.0%
旅行損害保険最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円最高5,000万円最高3,000万円最高1億円最高5,000万円最高2,000万円
キャンペーン最大16,200円分
もらえる
最大5,000円分
もらえる
最大10,000円分
もらえる
最大15,000円分
もらえる
最大5,000円分
もらえる
最大2,000円分
もらえる
最大8,000ポイント
もらえる*
最大10,000円分
もらえる
最大10,000円分
もらえる
最大13,000円分
もらえる
最大21,200円分
もらえる
最大6,000円分
もらえる
最大24,200円分
もらえる
最大18,000円分
もらえる
最大5,200円分
もらえる
最大9,500円分
もらえる
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

※dカード 新規入会&各種設定&要Webエントリー&利用で 合計最大8,000ポイントプレゼント
※翌々月末までの入会対象
※dポイント(期間・用途限定)
※年1回(1円)以上のカードご利用で翌年度も無料

当サイトのアンケートおよびランキングコンテンツは、第3者調査機関からの調査情報を元に作成されています。ランキングコンテンツは比較基準をポイント化し、その合計値から順位付けを行おこなっています。コンテンツおよびランキングの根拠に関してはこちら

アンケート結果をもとにスペックを比較したところ、年会費が無料でポイント還元率の高いクレジットカードに人気が集中していることがわかりました。

管理人も上記14枚のクレジットカードを使った経験がありますが、どれも使い勝手がよかったので人気なのも頷けます。

とはいえ、年会費とポイント還元率だけではどのクレジットカードがいいのかわかりませんよね。

それぞれのクレジットカードについて、詳しく解説していきます。

JCB CARD Wはいつでもポイント2倍!還元率が最大10.0%だから貯めやすい

JCB CARD W

JCB CARD Wは、2017年に発行が開始されたばかりのまだ新しいクレジットカードです。

ショッピングなどで利用したときのポイントが、JCBが発行する通常のカードと比べて2倍になります。

さらにポイント還元率は最大10.0%となっており、JCBが発行するクレジットカードのなかで最もポイントが貯まりやすい商品なのでメインカードとしても最適です。

実際に管理人は還元率が0.5%に設定されている他社のクレジットカードを使っていましたが、JCB CARD Wは切り替えただけでポイントが貯まるペースが以前よりも早くなりました。

他社では還元率が0.5%程度のところも少なくないため、ポイントを貯めたいのならJCB CARD Wを選んでおけば間違いないでしょう。

\ 最大16,200円分もらえる /

JCB CARD Wの公式サイトはこちら

JCB CARD Wのスペックをもっと知りたい人は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

JCB CARD Wの基本情報

国際ブランドJCB
年会費永年無料
還元率1.0%〜10.0%
ポイントアップ方法利用時のポイントが常に2倍
OkiDokiランドを経由してネットショッピングすると最大20倍
JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待店の利用で2〜10倍
スターバックスの利用で10倍
セブン-イレブン、Amazonなどの買物で3倍
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード、QUICPay(クイックペイ)
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
海外ショッピングガード保険(最高100万円)
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル

JCB CARD Wの入会キャンペーン

  • 新規入会後Amazon.co.jpで利用するとポイント30倍
  • 家族カードの入会で最大4,000円分もらえる
  • 友達を紹介すると最大2,000円相当がもらえる
  • 全国のコンビニでApple PayまたはGoogle Payを利用すると20%キャッシュバック
  • スマリボ登録で最大4ヶ月分+10倍のポイントがもらえる
  • スマリボ登録+利用で最大6,000円キャッシュバック
  • キャッシングサービス枠を50万円設定+利用で最大3,200円キャッシュバック

JCB CARD Wは、JCBが運営する優待サイトを経由してネットショッピングすると最大20倍のポイントがもらえる利点があります。

優待サイトの出店数は300店を超えており、Uber EatsYahoo!JAPANなど大手の企業も出店しているため、正直なところかなり使い勝手がいいです。

貯まったポイントは航空会社のマイルだけではなくJCBギフトカードやAmazonで買い物するときに使えるため、無駄にならないのも魅力のひとつといえます。

さらにJCB CARD Wは、キャッシュレス決済アプリのPayPalに紐づけて利用することが可能です。

PayPalはPayPayや楽天ペイといったキャッシュレス決済アプリのひとつで、2021年5月7日にTwitterで開始された投げ銭機能のTip Jarを利用できることで話題となっています。

Twitterは5月7日、チップを受け渡しできる新機能「Tip Jar」を発表した。今のところ利用できるサービスは「Bandcamp」「Cash App」「Patreon」「PayPal」「Venmo」だ。

引用元:Twitter、投げ銭できる新機能「Tip Jar」を発表(CNET Japan)-Yahoo!ニュース

PayPalとJCB CARD Wを紐づけて決済すれば、応援したい芸能人や団体などにチップを送るだけでもOkiDokiポイントがもらえます。

\ 最大還元率10.0%!いつでもポイント2倍 /

JCB CARD Wの公式サイトはこちら

三井住友カード ナンバーレスはコンビニやマクドナルドで最大5.0%還元

三井住友カード ナンバーレス

三井住友カード ナンバーレスの還元率は0.5%ですが、コンビニやマクドナルドなどの特約店でタッチ決済を利用すると最大5%のポイント還元を受けられます。

最大5%のポイント還元を受けられる特約店は、以下のとおりです。

  • セブンイレブン
  • ローソン
  • ファミリーマート
  • マクドナルド

ポイント還元は0.5%〜1%がクレジットカードの平均還元率となっているため、いつもの買い物と比べて5倍〜10倍もポイントが貯まるということです。

実際には200円の利用で10円分のポイントがもらえるため、日常的に使いやすいお店でお得に買い物するには最適な1枚といえます。

\ 最大5,000円相当がもらえる /

三井住友カード ナンバーレスの公式サイトはこちら

三井住友カード ナンバーレスの基本情報

三井住友カード ナンバーレスのスペックを調査した結果は、以下のとおりです。

国際ブランドVISA、MasterCard
年会費無料
還元率0.5%〜5.0%
ポイントアップ方法セブンイレブン、ローソン、マクドナルドで利用すると最大5%還元
対象店舗を選んで登録すると0.5%還元
ポイントUPモールを経由してネットショッピングすると2~20倍
電子マネーiD、WAON
追加可能なカードETCカード、家族カード、PiTaPaカード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
交換可能マイルANAマイル

三井住友カード ナンバーレスの入会キャンペーン

  • 新規入会+利用で最大5,000円相当のポイントがもらえる

三井住友カード ナンバーレスは、年会費永年無料なうえに申込から最短5分で発行できるのが特徴です。

券面にカード番号が印字されていないので、万が一財布を落としてしまっても契約者の名前やカード番号を盗まれることがなく、不正利用を回避できます。

さらに三井住友カード ナンバーレスのVpassアプリをインストールするとカードを使用するたびに通知が届き、不正利用があった際でもすぐに気づけるのが嬉しいポイントです。

発行スピードと安全面のどちらも優秀なクレジットカードを選ぶのなら、三井住友カード ナンバーレスの右に出るものはありません。

\ 最大5,000円相当がもらえる /

三井住友カード ナンバーレスの公式サイトはこちら

ライフカードは年会費無料で誕生月のポイントが3倍

ライフカード

ライフカードは、誕生月に買い物するとポイント3倍で1.5%のポイント還元を受けられます。

店舗やインターネットでのショッピングはもちろん、公共料金や携帯電話料金の支払いでも1.5%のポイントが貯まります。

そのため、誕生月にまとまった金額をAmazonギフト券などのプリペイドカードにチャージするのがお得です。

例えばライフカードで毎月2万円分(1年間)のネットショッピングを誕生日月にまとめてプリペイドカードで決済すると、いつでも1.5%のポイント還元を受けられ、1年間で3,600円分相当の720ポイントが貯まります。

ライフカードはまとめ買いでポイントが貯まりやすいだけではなく、1ポイントあたりの価値が高いのも特徴のひとつです。

貯めたポイントはAmazonギフト券などに交換できますが、1,000ポイントで約10,000円分のギフトカードセットが手に入るケースもあります。

つまり、1ポイントあたり10円の価値があるということです。

他のクレジットカードでは1ポイントあたり1円の価値になるケースがほとんどなので、ポイントを有効に使いたい人はライフカードを選んでみてはいかがでしょうか。

\ 最大10,000円分もらえる /

ライフカードの公式サイトはこちら

ライフカードの基本情報

ライフカードの詳しいスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
年会費無料
還元率0.5%~1.5%
ポイントアップ方法年間50万円の利用で次年度のポイントが1.5倍
誕生月に利用すると3倍
L-Mallを経由してネットショッピングすると最大25倍
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償海外旅行損害保険(最高2,000万円)
国内旅行損害保険(最高1,000万円)
交換可能マイルANAマイル

ライフカードの入会キャンペーン

  • 新規入会+利用で最大10,000円分のポイントがもらえる

ライフカードのポイントプログラムはステージ制となっており、年間の利用金額が多いほどステージが上がって手厚いポイント優待を受けられます

会員ステージごとにポイントで優待が受けられる内容を調査した結果は、以下のとおりです。

レギュラーステージ1倍全ての会員に対して適用される基本ステージ
スペシャルステージ1.5倍年間利用額が50万円以上だった翌年度に適用される
ロイヤルステージ1.8倍年間利用額が100万円以上だった翌年度に適用される
プレミアムステージ2倍年間利用額が200万円以上だった翌年度に適用される

ライフカードでは年間利用額が基準値を越した翌年から新たな会員ステージが適用される仕組みとなっており、1年間通してポイントの優待が受けられます。

例えば年間利用額が200万円を超えた場合、翌年の1年間はずっとポイントが2倍になるため、まとめ買いすればどんどんポイントが貯まりやすくなります。

さらに年間利用額が50万円を超えると、ボーナスとして300ポイントもらえるのも魅力のひとつ。

年間利用額が50万円以下のレギュラーステージであっても、初年度はポイントが1.5倍、誕生月は3倍といった優待が受けられるためポイントを貯めたい人にも最適な1枚です。

\ 最大10,000円分もらえる /

ライフカードの公式サイトはこちら

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードはQUICPay利用でポイント3%還元

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、加盟店で買い物する際にQUICPayを利用するといつでも3%のポイント還元を受けられます

QUICPayとは、JCBが提供するスマホ決済サービスのことです。

支払い方法でセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを選択すると、スマホをかざすだけで自動的にクレジットカード払いができます。

QUICPayはコンビニやレストランなど全国121万ヶ所以上で利用できるため、生活に取り入れるだけでポイントが貯まりやすくなるのが特徴です。

実際には、1,000円の利用で30円分のポイントがいつでももらえます。

さらに、ナンバーレスのデジタルカードに入会すると毎月10%キャッシュバックされて、最大7,000円分還元されます。

こちらは2021年6月30日までの期間限定キャンペーンなので、今申込するのがとてもお得です。

アメックスと聞くとハイステータスで年会費が高いイメージがある人も多いと思いますが、セゾン・パール・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度の年会費が無料になる利点があります。

翌年度以降でも年に1回利用していれば継続して年会費を無料にしてもらえるため、実質的に年会費無料で利用し続けることも可能です。

お得にポイントを貯めつつ実質無料でハイステータスカードを持ちたいのなら、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードを選んでおけば間違いないでしょう。

\ 最大15,000円相当がもらえる /

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのスペックについて詳しく知りたい人は、以下を参考にしてください。

国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費無料*
還元率0.5%〜10.0%
ポイントアップ方法QUICPayの利用で3.0%
SAISON CARD Digitalの利用で10.0%※2021年6月30日までの新規入会限定
海外で利用すると2倍
ネットショッピングで最大30倍
イトーヨーカドー、セブンイレブンで利用するとnanacoポイントが貯まる
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay
付帯保険および補償+300円で入院や怪我の補償、購入品の破損等の補償等
交換可能マイルANAマイル、JALマイル

※年1回(1円)以上のカードご利用で翌年度も無料

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの入会キャンペーン

  • 新規入会+50,000円以上の利用で最大8,000ポイントがもらえる
  • 新規入会で毎月10%キャッシュバック(最大7,000円分もらえる)※SAISON CARD Digital限定

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは三井住友カードナンバーレスと同様に、申込から最短5分で発行ができるナンバーレスカードがあります

券面にカード番号が印字されていないので、不正利用を回避できるのは嬉しいポイントです。

さらにセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、イトーヨーカドーやセブンイレブンで利用すると通常のポイントとは別にnanacoポイントがもらえます。

つまり、ポイントの二重取りが可能ということです。

他にもSEIYUやLIVINで利用すると5%OFFの優待が受けられるため、持っておくだけでお得になります。

ポイント優待の他にも、三井住友カード ナンバーレスと同様、券面にカード番号が印字されていないためセキュリティ面でも申し分ありません。

最短5分ですぐにカードが欲しい方は、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードのナンバーレスデジタルカードがよいでしょう。

\ 最大15,000円相当がもらえる /

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

三井住友カードデビュープラスはいつでもポイント2倍!入会後3ヶ月間は5倍

三井住友カード デビュープラス

三井住友カード デビュープラスは18歳から25歳までの申込者が対象となり、学生や新社会人向けに展開されている商品です。

200円の利用につき2ポイントがもらえ、三井住友カード株式会社が発行する他の商品と比べて獲得ポイントがいつでも2倍になる利点があります。

さらに新規入会してから3ヶ月間とコンビニ・マクドナルドでは還元率が5倍となり、200円の利用で最大5円分のポイントもらえるのが特徴です。

例えば1万円の買い物をした場合は通常100ポイントの獲得になりますが、入会後3ヶ月以内であれば最大250ポイント付与されるため、かなり高還元といえます。

もちろん初年度は年会費無料で利用できるうえ、年に1回利用すれば翌年以降もずっと実質0円で使い続けられます。

学生や新社会人が年会費無料でポイントの貯まりやすいカードを作りたいのなら、三井住友カード デビュープラスを選ぶのが最適でしょう。

\ 最大5,000ポイントもらえる /

三井住友カード デビュープラスの公式サイトはこちら

三井住友カード デビュープラスの基本情報

三井住友カード デビュープラスの詳しいスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドVISA
年会費無料*
還元率1.0%~3.0%
ポイントアップ方法セブンイレブン、ローソン、マクドナルドなどの利用で3%還元
対象店舗を選んで登録すると0.5%還元
ポイントUPモールを経由してネットショッピングすると2~20倍
電子マネーiD、WAON
追加可能なカードETCカード、家族カード、PiTaPaカード、バーチャルカード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay
付帯保険および補償ショッピング補償(最高100万円)
交換可能マイルANAマイル

※年1回以上のカードご利用で翌年度も無料

三井住友カード デビュープラスの入会キャンペーン

  • 新規入会+利用で5,000円相当がもらえる
  • 家族カードの申し込みで2,000円相当がもらえる
  • マイ・ペイすリボの登録と利用で1,500ポイントもらえる
  • 新規入会+エントリー+Amazon Prime Student会費決済で3,000ポイントもらえる

三井住友カード デビュープラスは、三井住友カードナンバーレス(NL)と同様にセブン-イレブンやマクドナルドなどで利用すると3%のポイント還元が受けられます。

PiTaPaカードやETCカードといった追加できる機能も多く、通勤や通学時にもポイントが貯まりやすくなります。

24時間365日カードの不正利用チェックを行っており、安心して使えるのも嬉しいポイントです。

さらにインターネットで申し込むと最短翌営業日に発行することも可能なため、新生活が始まって忙しい時期でもすぐにクレジットカードを取り入れられます。

\ 最大5,000ポイントもらえる /

三井住友カード デビュープラスの公式サイトはこちら

エポスカードは年会費無料でも海外旅行傷害保険がついている

エポスカード

エポスカードは年会費無料で利用できるクレジットカードですが、海外旅行傷害保険が付帯されているのが特徴です。

海外旅行傷害保険は年会費が有料のクレジットカードに付帯しているのが一般的なので、海外旅行する機会が多い人はエポスカードを選んだほうがお得に補償を受けられます。

さらにエポスカードは、携行品損害の補償が付帯されているのも利点のひとつです。

例えば海外旅行の際にスマホを壊してしまったときに、自己負担額3,000円を差し引いた金額を補償してもらえます。

保険の補償内容は年会費有料のクレジットカードに劣らないため、お得に手厚い補償を受けたいのならエポスカードを選びましょう。

\ 最大2,000円分もらえる /

エポスカードの公式サイトはこちら

エポスカードの基本情報

エポスカードのスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドVISA
年会費永年無料
還元率0.5%~1.25%
ポイントアップ方法マルイグループで買い物すると2倍※毎年4回期間限定で10%OFF!!
たまるマーケットでネットショッピングすると最大30倍
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償障害死亡、後遺障害(最高500万円)
障害治療費用(1事故につき最高200万円)
疾病治療費用(1疾病につき最高270万円)
賠償責任免責なし(1事故につき最高2,000万円)
救援者費用(1旅行、保険期間中につき最高100万円)
携行品損害免責3,000円(1旅行、保険期間中につき最高20万円)
交換可能マイルANAマイル、JALマイル

エポスカードの入会キャンペーン

  • 新規入会で2,000相当のエポスポイントがもらえる

エポスカードは株式会社丸井グループが発行するクレジットカードであり、同系列のマルイグループ店舗で買い物すると2倍のポイントがもらえます

さらに独自で運営しているポイントアップサイトのたまるマーケットでネットショッピングすると、ポイントが最大30倍になるのも魅力のひとつです。

\ 最大2,000円分もらえる /

エポスカードの公式サイトはこちら

dカードは電子マネーのiDと一体化できるから支払いが楽

dカード

dカードはiDの機能を一体化でき、おサイフケータイまたはApple Payに対応しているスマホをかざすだけで支払いが完了するのが一番の魅力です。

「dカード®」は、キャッシュレス決済可能な電子マネーiDとdポイントカード機能が一体となったクレジットカードで、現在、dカード全体(dカード mini®含む)では約2,000万※1の方にご利用いただいております。

引用元:報道発表資料-NTTドコモ

他社のように財布からカードを取り出す必要がなく、ノーストレスで支払いができる便利さから今では約2,000万人が利用しています。

スマホで支払うだけならiDだけ使えばいいと考える人もいると思いますが、電子マネーはチャージしないと残高不足で支払いができない難点があります。

しかしdカードならiDの機能を一体化するとチャージ不要で支払い可能になるため、手間がかかりません。

他にも、dカードだけではなくiDの特約店の優待も受けられる利点があります。

例えばオリックスレンタカーでiDと一体化したdカードを利用すると、通常で付与されるポイントに加えて100円ごとに4%のポイントがもらえます

チャージなしでもスマホで支払えるうえ優待店でポイントも貯まるので、まさにクレジットカードと電子マネーの良いところ取りな1枚です。

\ 最大8,000ポイントがもらえる /

dカードの公式サイトはこちら

dカードの基本情報

国際ブランドVISA、MasterCard
年会費永年無料
還元率1.0%~4.5%
ポイントアップ方法特約店の利用で1〜3%のポイント付与
dカード ポイントUPモールの利用で1.5〜10.5倍
電子マネーiD
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay
付帯保険および補償お買物あんしん保険(最高100万円)
dカードケータイ補償(最大10,000円分)
交換可能マイルJALマイル

dカードの入会&利用特典やキャンペーン

  • 新規入会+ドコモ利用料金をdカード払いにすると1,000ポイントもらえる
  • 入会翌月までに専用サイトでWebエントリー+利用で最大2,500ポイントもらえる
  • 入会翌々月までにWebエントリー+利用で最大2,500ポイントもらえる
  • 入会翌々月末までにWebエントリー+こえたらリボ設定で1,000ポイントもらえる
  • 入会翌々月末までにWebエントリー+キャッシングリボ利用枠の設定で1,000ポイントもらえる
  • d払いにdカードを設定した初めての買い物で200ポイントもらえる

dカードは、dカード ポイントUPモールを経由してショッピングすると、もらえるポイントが最大10.5倍になる利点があります。

溜まったポイントは、マクドナルドやマツモトキヨシなどの加盟店であれば1ptあたり1円相当で利用できるため、お得に買い物したい人にも向いています。

もちろん、ドコモユーザーではない人でもdカードの新規発行が可能です。

\ 最大8,000ポイントがもらえる /

dカードの公式サイトはこちら

VIASOカードなら貯めたポイントを自動的にキャッシュバックされる

VIASOカード

VIASOカードは、他社と違って貯めたポイントを現金でキャッシュバックしてもらえます

獲得してから1年を超えたポイントは現金に換算して自動的に支払い口座に振り込んでもらえる仕組みとなっており、商品と交換する手間がありません。

他社ではポイントと交換できる商品がギフト券やマイルなどに限定されていることから、使い道がない人にとっては無駄になってしまいます。

しかしVIASOカードなら面倒な手続きもないうえ、1ポイントあたり1円でオートキャッシュバックしてもらえるため一生懸命に貯めたポイントを無駄なく使えます。

ポイントの使い道にこだわりがないのなら、VIASOカードでもらえるお金を増やすのがよいでしょう。

VIASOカードの基本情報

VIASOカードの基本情報は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドVisa、MasterCard
年会費永年無料
還元率0.5%~1.5%
ポイントアップ方法携帯料金やETCの利用、インターネット通信料の支払いで2倍
POINT名人.comのショッピング利用で1,000円ごとに100ポイント付与
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
ショッピングパートナー保険(最高100万円)
交換可能マイルJALマイル

VIASOカードの入会キャンペーン

  • 入会3ヶ月以内に会員専用WEBサービス登録+15万円以上の利用で8,000円キャッシュバック
  • 登録型リボ「楽Pay(らくペイ)」に登録で2,000円キャッシュバック

VIASOカードのポイントは、現金だけではなく企業のポイントに交換することも可能です。

手続きをすれば、VIASOカードで貯めたポイントをPontaポイントやT-POINT、nanacoポイントなどに移行できます

コンビニを利用する機会が多い人は、貯めたポイントで買い物できますので検討してみてはいかがでしょうか。

ネットショッピングを利用する機会が多い場合は、ポイントが貯まり安い通販サイトのカードが最適です。

JCB CARD W plus Lは女性がうれしい特典が豊富!毎月プレゼントをもらえる

JCB CARD W plus L

JCB CARD W plus Lは、株式会社ジェーシービーが女性向けに展開しているクレジットカードです。

会員向けに様々なプレゼント企画をおこなっており、化粧品メーカーのクーポンやコスメ定期便の割引チケットといった毎月異なる特典が必ずもらえます

さらに抽選でプレゼントが当たる企画も毎月おこなわれており、当選すると旅行代金1万円分のチケットや映画館証券などがもらえるチャンスもあります。

他にも毎月10日と30日に開催されるLINDAの日は、ルーレットで当たりが出ると2,000円分のJCBギフトカードがもらえるので、他社の商品と比べてかなりお得です。

女性がクレジットカードを作るのなら、プレゼントが充実しているJCB CARD W plus Lを選んでみてはいかがでしょうか。

\ 最大10,000円分もらえる /

JCB CARD W plus Lの公式サイトはこちら

JCB CARD W plus Lの基本情報

JCB CARD W plus Lの詳しい基本情報は、以下のとおりです。

国際ブランドJCB
年会費永年無料
還元率1.0%〜10.0%
ポイントアップ方法利用時のポイントが常に2倍
OkiDokiランドを経由してネットショッピングすると最大20倍
JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待店の利用で2〜10倍
セブン-イレブン、Amazonなどの買物で3倍
スターバックスの利用で10倍
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード、QUICPay(クイックペイ)
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高2,000万円)
海外ショッピングガード保険(最高100万円)
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル

JCB CARD W plus Lの入会キャンペーン

  • 新規入会+MyJCBにログイン+Amazon.co.jpで利用するとポイント30倍
  • 家族カードの入会で最大4,000円分のポイントがもらえる
  • 友達紹介で最大5,000円分のポイントがもらえる
  • コンビニでApple PayまたはGoogle Payを利用すると最大1,000円分キャッシュバック

JCB CARD W plus Lは、JCB CARD Wと同様にOkiDokiランドを経由してネットショッピングするとポイントが最大20倍になります。

OkiDokiランドにはORBISやFANCLなどの化粧品メーカーが多数出店しているため、日常的な消耗品を買うだけでポイントがザクザク貯まります。

他にも協賛企業が集まるLINDAリーグで、ネイルサロンや結婚式場の利用料金が優待価格になるのも女性が嬉しいポイントです。

\ 最大10,000円分もらえる /

JCB CARD W plus Lの公式サイトはこちら

dカード GOLDはドコモの携帯利用料金や月額サービスの支払いで最大10%還元

dカード GOLD

dカード GOLDの一番の魅力は、ドコモの携帯利用料金を決済する際に利用すると最大10%のポイント還元が受けられることです。

1,000円を支払うごとに100ポイント獲得でき、1ヶ月あたりの携帯利用料金が10,000円以上であれば1年で12,000ポイントまで貯まります。

11,000円の年会費以上にポイントが貯まるので、ドコモユーザーなら利用しない手はありません。

さらに携帯利用料金だけではなく、以下のようなドコモが展開する月額サービスの支払いでも10%のポイント還元が受けられます。

月額サービス月額1年利用して獲得できるポイント数
DAZN for docomo1,925円約1,200ポイント
ひかりTV for docomo3,850円約3,600ポイント
dマガジン440円約400ポイント

自宅で過ごす時間が増えてサブスクを利用しているのであれば、ドコモが展開する月額サービスに切り替えてポイントを貯めるのもよいでしょう。

\ 最大13,000ポイントもらえる /

dカード GOLDの公式サイトはこちら

dカード GOLDの基本情報

dカード GOLDの年会費や基本還元率は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドVisa、Mastercard
年会費年11,000円
還元率1.0%〜4.0%
ポイントアップ方法ドコモ携帯料金を支払うと10%還元
DAZN for docomo、ひかりTV for docomo、dマガジンの利用で10%還元
メルカリ、スターバックスなどの特約店で利用すると最大4%還元
dカード GOLDを紐づけたiDでタッチ決済すると最大7%還元
電子マネーiD
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
国内旅行傷害保険(最高5,000万円)
交換可能マイルJALマイル

dカード GOLDの入会キャンペーン

  • 入会+ドコモの携帯電話利用料金の支払い方法でdカード払いを設定で1,000ポイントもらえる
  • 入会翌々月までにWebエントリー+利用で最大5,000ポイントもらえる
  • 入会翌々月中にWebエントリーして利用すると最大5,000ポイントもらえる
  • こえたらリボとキャッシングリボご利用枠の設定で最大2,000ポイントもらえる

dカード GOLDはdポイントスーパー還元プログラムの対象となり、付帯されている電子マネーiDの機能を使ってタッチ決済すると最大7%のポイント還元が受けられます

iDのタッチ決済はコンビニやショッピングモール、飲食店でも利用できるため、いつもの買い物にdカード GOLDを取り入れるだけでポイントが貯まりやすくなります。

dポイントスーパー還元プログラムは1.0%の通常還元率とは別でポイント加算されるため、100円の利用で8ポイントを獲得することが可能です。

\ 最大13,000ポイントもらえる /

dカード GOLDの公式サイトはこちら

JCB一般カードは海外または国内旅行の損害保険が最高3,000万円

JCB一般カード

JCB一般カードは年会費を支払うぶん、JCB CARD Wと比べて保険の内容が充実しているのが特徴です。

1年に1回、1,375円を支払うだけで国内および海外旅行傷害保険として最大3,000万円までの補償を受けられます

例えば旅行中の事故でケガを負い、医師の治療を受けた場合は最大100万円までの費用を保険で賄えます。

事故に遭うことはないと思っている人もいるかもしれませんが、旅行にはトラブルがつきものです。

保険がついていないクレジットカードを使っている人は、トラブルに遭った際の支払いが実費になってしまいます。

とくに国内外問わず旅行する機会が多い人は、JCB一般カードのようなクレジットカードで万が一の事態に備えたほうがいいでしょう。

\ 最大21,200ポイントもらえる /

JCB一般カードの公式サイトはこちら

JCB一般カードの基本情報

JCB一般カードのスペックを調査した結果は、以下のとおりです。

国際ブランドJCB
年会費年1,375円
還元率0.5%~5.0%
ポイントアップ方法OkiDokiランドを経由してネットショッピングすると最大20倍
JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待店の利用で2〜10倍
スターバックスの利用で10倍
セブン-イレブン、Amazonなどの買物で3倍
ウェルシア・ハックドラッグの買い物で2倍
1年間に100万円以上利用すると翌年のポイント最大50%アップ
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード、QUICPay(クイックペイ)
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高3,000万円)
国内旅行傷害保険(最高3,000万円)
海外ショッピング保険(最高100万円)
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル

JCB一般カードの入会キャンペーン

  • インターネット新規入会+MyJCBアプリログインで2,000円分キャッシュバック
  • カード利用+MyJCBアプリログインで1,000円分キャッシュバック
  • 家族カードの入会で最大4,000円分もらえる
  • 友達を紹介すると最大5,000円相当がもらえる
  • スマリボ登録+利用で最大4ヵ月分のリボ手数料が実質0円
  • スマリボ新規登録+利用で最大6,000円相当がもらえる
  • 融資枠50万円を希望して申し込み+利用で最大3,200円相当がもらえる
  • 全国のコンビニエンスストアでApple PayやGoogle Payを利用すると20%キャッシュバック

先ほどJCB一般カードは1,375円の年会費が必要と言いましたが、WEBで入会すると初年度の年会費が0円になります。

WEB明細サービスのMyJチェックの登録をし、年間合計50万円以上のショッピングを利用すると翌年の年会費も無料のまま継続できます。

さらに申し込みから最短翌日でカードを届けてもらえるため、急いでいる人にも最適な1枚です。

\ 最大21,200ポイントもらえる /

JCB一般カードの公式サイトはこちら

イオンカードセレクトは持っているだけで割引優待が受けられる

イオンカードセレクト

イオンカードセレクトの最大の特徴は、イオングループのポイント優待や割引など会員向けのサービスが豊富に取り揃えられていることです。

具体的には、以下のような優待が受けられます。

  • イオングループでカード利用すると常時ポイント2倍
  • 毎月20日と30日のお客様感謝デーに利用すると5%オフ
  • 毎月10日のありが10デーに利用するとポイント5倍
  • イオントラベルモールで利用すると6%オフ
  • 持っているだけで常時イオンシネマが300円割引
  • お客様感謝デーならイオンシネマが1,100円で鑑賞できる

とくにイオンシネマが常時300円割引など、カードで支払いをしなくても持っているだけで優待を受けられるのはイオンカードセレクトならではの魅力です。

ポイントも常時2倍になるうえ、お客様感謝デーなら買い物した料金が5%割引になるため、イオングループを利用する機会が多い人は持っておくべき1枚といえます。

年会費は永年無料なので、優待を受けるためのカードとして持っておくのもよいでしょう。

\ 最大6,000円分のポイントがもらえる /

イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

イオンカードセレクトの基本情報

イオンカードセレクトのスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドVisa、Mastercard、JCB
年会費無料
還元率0.5%~1.33%
ポイントアップ方法イオン、ダイエー、マックスバリュの利用で2倍
毎月10日にポイント5倍
イオンカードポイントモールで利用すると最大10%還元
電子マネーWAON
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償
交換可能マイルJALマイル

イオンカードセレクトの入会キャンペーン

  • Web申し込み+新規入会で1,500円分のときめきポイントがもらえる

イオンカードセレクトは、WAONと一体型にして電子マネー機能を利用することも可能です。

イオンカードセレクトでWAONに直接チャージすると両方のポイントがもらえるため、二重取りも狙えます。

イオングループを利用する人が最大限にお得になる、まさに夢のようなカードです。

\ 最大6,000円分のポイントがもらえる /

イオンカードセレクトの公式サイトはこちら

JCBゴールドは国内やハワイの空港ラウンジが無料で利用できる

JCBゴールド

JCBゴールドは国内45箇所とハワイの空港ラウンジが無料で利用でき、ワンランクアップした旅行を楽しめるのが魅力です。

年間5回分、往復で空港ラウンジ利用する場合は、年会費実質0円となります。

対象の空港ラウンジは営業時間内であればいつでも利用できるうえ、以下のサービスが受けられます。

  • フリードリンク
  • 新聞や雑誌の閲覧
  • 無線LANの利用
  • コピー機やFAXの利用
  • シャワーやマッサージ機の利用など

空港で出発するまでの時間を有意義に過ごせるので、旅行する機会が多い人に最適な1枚です。

さらにJCB GOLD Service Club OFFという優待があり、イオンシネマやシネマサンシャインなどの映画のチケットが500円割引になります。

グルメの優待サービスもあり、飲食代金をJCBゴールドで支払うと20%OFFになる利点があります。

対象店舗はホテルニューオータニなど約250店舗もあり、全国どこでも使えるのが嬉しいポイントです。

\ 最大24,200円相当がもらえる /

JCBゴールドの公式サイトはこちら

JCBゴールドの基本情報

JCBゴールドのスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドJCB
年会費初年度無料
還元率0.5%~5.0%
ポイントアップ方法JCB ORIGINAL SERIESパートナー優待店の利用で2〜10倍
スターバックスの利用で10倍
セブン-イレブン、Amazonなどの買物で3倍
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード、QUICPay(クイックペイ)
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最高1億円)
国内旅行損害保険(最高5,000万円)
海外ショッピングガード保険(最高500万円)
国内ショッピングガード保険(最高500万円)
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル

JCBゴールドの入会キャンペーン

  • インターネット新規入会+利用+MyJCBアプリのログインで5,000円分キャッシュバック
  • 友達を紹介すると最大5,000円相当のポイントがもらえる
  • 家族カードの入会で最大4,000円分のJCBギフトカードがもらえる
  • コンビニでApple PayまたはGoogle Payを利用すると最大1,000円分キャッシュバック
  • スマリボの同時登録+利用で最大6,000円分キャッシュバック
  • スマリボの同時登録で手数料が実質0円になる
  • キャッシング枠50万円を希望して申し込み+キャッシングリボ払いで最大3,200円分キャッシュバック

JCBゴールドは海外旅行保険で最大1億円の手厚い補償が受けられるうえ、自動付帯となっています。

クレジットカードで支払いをしてない海外旅行であっても補償の対象になることから、トラブル時に間違いなく活躍するでしょう。

さらにJCBゴールドはゴルフに関するサービスが充実しており、予約困難な名門コースや全国にある約1,200箇所のゴルフ場を手配してもらえます。

発行スピードが早く、最短翌日にカードを受け取れるため急な出張や旅行が決まった際にも最適です。

\ 最大24,200円相当がもらえる /

JCBゴールドの公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・カードは一般カードでも旅行時の優待が手厚い

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、初めてアメックスカードを持つ方におすすめの1枚です。

年会費は13,200円ですが、他のゴールドカードと同じくらいスペックが充実しています。

国内外問わず旅行時に優待を受けられるため、レジャー好きな人に最適な1枚です。

旅行時に受けられる優待は、以下のとおり。

  • 会員専用旅行サイトで航空券やホテル、レンタカーのオンライン予約が可能
  • HIS アメリカン・エキスプレス・トラベル・デスクに電話するだけで旅行を手配してもらえる
  • 会員旅行サイトで予約をすると優待料金で利用できる
  • スーツケースを1個無料で配送
  • 国内外29箇所の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できる
  • 国内外1,200ヶ所以上の空港VIPラウンジを同伴者1名まで1回32米ドルで利用できる
  • 海外用レンタル携帯電話のレンタル料が半額になる
  • 海外旅行先からでも日本語でサポートデスクに電話できる
  • 海外旅行傷害保険で最高5,000万円まで補償してもらえる

アメリカン・エキスプレス(アメックス)は行政庁のおこなう旅行業法上の登録をしており、割賦販売業だけではなく旅行業にも注力しているため旅行時に他社よりも手厚い優待を受けられます。

とくに電話1本で旅行を手配してもらえるのは、大手旅行会社の株式会社エイチ・アイ・エスと提携しているアメリカン・エキスプレスならではのサービスです。

実際に管理人がハワイ旅行を考えていた際も、現地係員に案内してもらえるツアーや値段など希望にあったプランを手配してもらえました。

旅行する機会が多い人は、アメリカン・エキスプレス・カードでリッチな体験をしてみてはいかがでしょうか。

\ 最大18,000円分もらえる /

アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

アメリカン・エキスプレス・カードのスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費年13,200円
還元率0.5%
ポイントアップ方法ボーナスポイントプログラムの登録で3倍
電子マネー
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay
付帯保険および補償ネットショッピングでカードを不正使用された場合に補償
カードで購入した商品の返品を拒否された場合に全額返金
カードで購入した商品の破損、盗難時の保証(最高500万円)
海外旅行傷害保険(最高5,000万円)
交換可能マイルANAマイル、JALマイル、スカイマイル

アメリカン・エキスプレス・カードの入会キャンペーン

  • 入会後3ヶ月以内に1万円の利用で1,000ボーナスポイントがもらえる
  • 入会後3ヶ月以内に20万円の利用で3,000ボーナスポイントがもらえる
  • 入会後3ヶ月以内に40万円の利用で10,000ボーナスポイントがもらえる
  • 40万円の利用で通常ポイントが4,000ポイントもらえる

アメリカン・エキスプレス・カードを賢く使う方法は、年間参加費3,300円を支払ってメンバーシップ・リワード・プラスに登録することです。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録するとポイントの有効期限が無期限になり、無駄なく使えます。

参加費無料のボーナスポイントプログラムに登録すると獲得ポイントが3倍になるため、貯めやすいのも魅力のひとつです。

さらにファミリーマートでアメリカン・エキスプレス・カードでのタッチ決済をすると、支払い金額の20%がキャッシュバックされます。

ファミリーマートを利用される人は、よりお得なカードといえるでしょう。

\ 最大18,000円分もらえる /

アメリカン・エキスプレス・カードの公式サイトはこちら

セブンカード・プラスはセブン-イレブンやイトーヨーカドーでポイント2倍

セブンカード・プラス

セブンカード・プラスは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどのセブン&アイグループ特約店で利用するともらえるポイントが2倍になります。

セブン&アイグループ特約店の対象となる店舗は、以下のとおりです。

  • セブン-イレブン
  • イトーヨーカドー
  • YORK FOODS
  • ヨークマート
  • デニーズ
  • 西武
  • そごう

これらの店舗でクレジットカード払いをすると、支払い金額200円あたり常に2倍の2ポイントがもらえます。

毎月8日と18日、28日のハッピーデーでは、イトーヨーカドーで買い物すると支払い金額が5%割引になるのも嬉しいポイントです。

さらに、セブンマイルプログラムでnanacoにチャージすると1.5%ポイントが貯まります

セブン&アイグループで買い物する機会が多い人は、セブンカード・プラス取り入れるだけでポイントがザクザク貯まります。

\ 最大5,200ポイントもらえる /

セブンカード・プラスの公式サイトはこちら

セブンカード・プラスの基本情報

セブンカード・プラスの詳しいスペックは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

国際ブランドJCB、Visa
年会費無料
還元率0.5%~6.5%
ポイントアップ方法セブン-イレブン、イトーヨーカドーなど対象店舗で利用すると2倍
セブンマイルプログラム利用でポイント3倍
セブン-イレブンで消費期限の近いお弁当を購入するとポイント10倍
電子マネーnanaco
追加可能なカードETCカード、家族カード
対応スマホ決済サービスApple Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償海外ショッピングガード保険(最高100万円)
交換可能マイルANAマイル

セブンカード・プラスの入会キャンペーン

  • 新規入会+15万円の利用+nanacoオートチャージの利用で2,500ポイントもらえる
  • スマリボ設定で1,000ポイントもらえる
  • JCBブランドの選択+オンライン口座設定で600ポイントもらえる
  • セブン銀行を支払い口座に設定すると500ポイントもらえる
  • キャッシング枠の設定、メルマガ登録で600ポイントもらえる

セブンカード・プラスは、電子マネーのnanacoでチャージする際の支払いに利用するとポイントの二重取りが可能です。

チャージ時と買い物時のどちらもポイントが付与されるので、日頃からnanacoで支払いをしている人は取り入れたほうが貯まりやすくなります。

さらにセブンカード・プラスをnanacoへ紐づけることで、オートチャージも可能になります。

残高が不足していても自動的にチャージできるので、手間が省けるのも嬉しいポイントです。

\ 最大5,200ポイントもらえる /

セブンカード・プラスの公式サイトはこちら

楽天カードはポイントが1.5〜3倍でザクザク貯まる

楽天カード

楽天カードは、楽天カード株式会社が発行しているクレジットカードです。

楽天カード株式会社が傘下に入っている楽天グループは通販サイトや電子書籍など幅広い事業を展開しており、同系列のサービスで楽天カードを利用するとポイントが1.5〜3倍になります。

サービスごとのポイント倍率は、以下のとおりです。

カード利用場所ポイント倍率
楽天市場最大3倍
楽天トラベル最大2倍
提携優待店最大1.5倍

楽天カードは他社よりもポイント事業に力を入れており、100円で1ポイント付与される仕組みとなっているため貯めやすい利点があります。

例えば楽天市場で1,000円の買い物をしたときに現金で支払った場合は楽天ポイントが10ポイントになりますが、楽天カードを使うだけで最大30ポイントもらえます。

管理人も楽天市場で買い物する機会が多いので楽天カードを作りましたが、キャンペーンの頻度も多いので2年目ですでに獲得ポイント数が10,000ポイントを超えました。

楽天グループのサービスをよく利用するのであれば、ポイントが貯まりやすい楽天カードを選んだほうがお得です。

\ 最大9,500円分がもらえる /

楽天カードの公式サイトはこちら

楽天カードの基本情報

楽天カードの詳しいスペックを知りたい人は、以下の表を参考にしてください。

国際ブランドVisa、Mastercard、American Express、JCB
年会費永年無料
還元率1.0%~3.0%
ポイントアップ方法楽天市場、楽天ブックスの利用で最大3倍
楽天トラベルの利用で最大2倍
優待店舗の利用で2倍以上
電子マネー楽天Edy
追加可能なカードETCカード、家族カード、楽天Edy、楽天ポイントカード
対応スマホ決済サービスApple Pay、Google Pay、楽天ペイ
付帯保険および補償海外旅行傷害保険(最大2,000万円)
交換可能マイルANAマイル

楽天カードの入会キャンペーン

  • カード入会+利用で5,000ポイントもらえる
  • 初めての楽天ペイのコード・QR支払いで500ポイントもらえる
  • 楽天カード入会と同時に楽天銀行の口座を開設して入金すると1,000ポイントもらえる
  • 入会後に楽天カードを紹介すると3,000ポイントもらえる(上限9人まで)

楽天カードは、提携している優待店舗が多いのもポイントが貯まりやすい理由のひとつです。

ENEOSや西友、ミスタードーナツなど身近なお店で買い物するだけでポイントがザクザク貯まるのでショッピングが好きな人は持っておいて損はありません。

\ 最大9,500円分がもらえる /

楽天カードの公式サイトはこちら

これまで人気なクレジットカードのおすすめランキングを紹介してきましたが、闇雲に申し込めば絶対に後悔しないというわけではありません。

最適なクレジットカードがほしいのなら、あなたの生活スタイルに合わせて選ぶことが大切です。

あなたに最適なクレジットカードは、以下で検索できますのでぜひご利用ください。

あなたにピッタリのクレカを探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

人気の条件から探す
カードタイプ
ブランド
付帯保険

メインで使うクレジットカードのおすすめな選び方!初心者でも失敗なし

クレジットカード

クレジットカードに詳しくない人はスペックなどを気にせず闇雲に申し込んでしまいがちですが、自分に合っていないカードを作ると年会費やポイントで損するリスクが高くなります。

クレジットカード選びで失敗したくないのなら、あなたのライフスタイルに合わせて最適なスペックを持つ1枚を見つけることが重要になります。

最適なクレジットカードの選び方は、以下の8つです。

項目選択肢
還元率0.5%〜10.0%
年会費の有無年会費無料または年会費有料
保険の種類旅行傷害保険(海外または国内)、不正利用保険、紛失保険、盗難保険等
旅行サービスの有無旅行予約、無料でラウンジ利用、スーツケースの無料配送等
発行スピードデジタルカードで即日発行または店頭受け取りで即日発行等
国際ブランドJCB、VISA、Mastercard、ダイナーズクラブ、銀聯カード
ステータス一般、ゴールド、プラチナ、ブラック
系統流通系、信販系、ネット通販系、銀行系、交通系、消費者金融系
支払日毎月1日、2日、4日、5日、10日、25日、27日、会員ごとに個別で設定等

クレジットカードは商品ごとにスペックが異なるため、最強の1枚を作るには高還元やクレジットカードの即日発行といったあなたの希望が叶えられる商品を選ぶことが1番です。

上記の8項目のうち、あなたが重視する項目のスペックが優れているクレジットカードを選びましょう。

では、選び方について詳しく解説していきます。

還元率1.0%以上は必須!数値が高いほどポイントの価値が上がる

クレジットカード

クレジットカードを選ぶときは、還元率が1.0%以上を提示している商品で申し込むのが最適です。

還元率とはクレジットカードで利用した料金に対してポイントが付与される割合のことで、数値が高いほど貯まりやすくなります。

例えば還元率1.0%のクレジットカードでは、100円の利用で1ポイント付与されます。

一方で還元率0.5%のクレジットカードの場合、同じ金額を利用しても付与されるのは0.5ポイントです。

クレジットカードの還元率ごとにもらえるポイント

一般的なクレジットカードの還元率は平均0.5%程度となっていますが、一部では1.0%超えを提示しているケースもあります。

数値が高いほうがもらえるポイントが多くなるため、お得に活用したいのなら1.0%以上で還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

還元率1.0%以上のクレジットカードを比較

還元率が1.0%以上のクレジットカードを調査した結果は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

クレジットカード還元率1ポイントあたりの価値
JCB CARD W1.0%〜10.0%最大10円
dカード1.0%〜4.5%最大4.5円
リクルートカード1.2%~3.2%最大3.2円
楽天カード1.0%~3.0%最大3円
au PAY カード1.0%~2.5%最大2.5円
Orico Card THE POINT1.0%〜2.0%最大2円

とくにJCB CARD Wは最大還元率が10.0%となっており、一般的なクレジットカードの10倍もポイントが貯まりやすくなります。

dカードやリクルートカードもかなり高還元ですが、JCB CARD Wに比べると価値が2分の1程度です。

そのため、高還元なクレジットカードを狙ってポイントの価値を高めたいのなら、JCB CARD Wで申し込んだほうが最適です。

貯めたポイントをフル活用したい人は、還元率だけではなく使い道も確認しておきましょう。

集めたポイントの交換先が豊富だと使い道に困らない

ポイントを貯める目的がある人は、交換先が豊富なクレジットカードを選ぶのが賢明です。

クレジットカードを利用して貯めたポイントは、ギフトカードや商品券、電子マネーなどに交換できます。

せっかくポイントを貯めても、交換先が限られていて使い道がなければ無駄になってしまいます。

例えばポイントの交換先がJALマイルのみだった場合、飛行機に乗らない人は使い道に困りますよね。

貯めたポイントを有効活用したいのなら、自分が欲しいものに交換できるクレジットカードを選んだ方だよいでしょう。

ポイントの交換先が豊富なクレジットカードは、以下のとおりです。

クレジットカードポイントで交換できるもの
JCB CARD W家電、食品、ディズニーホテル宿泊利用券、バルミューダ商品等
セゾンカードインターナショナルSTOREE SAISON内のギフトカード、食品、家電、衣類等
dカードdポイントクラブ内の食品、家電、Pontaポイント、マイル等
Orico Card THE POINTオンラインギフト券、商品券、楽天ポイントまたはT-POINTへ移行等

上記のクレジットカードはポイントを食品や家電などの様々な商品と交換でき、使い勝手がよい印象があります。

交換できる商品は随時更新しており、ほしい商品が見つかりやすいので検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカードで余計な出費を抑えたいのなら、年会費の有無にも気をつけましょう。

年会費の有無で付帯保険の補償額やサービスの質が異なる

お金とクレジットカード

クレジットカードには、年会費無料と有料の商品があります。

年会費無料と有料の商品で付帯保険の補償額や旅行時のサービス内容が異なるため、自分にとって必要かどうか考えて判断するとよいでしょう。

年会費無料と有料のクレジットカードで付帯保険とサービス内容を比較した結果は、以下のとおりです。

クレジットカード年会費旅行傷害保険サービス内容
JCB CARD W無料海外:最高2,000万円なし
国内:なし
JCB一般カード年1,375円海外:最高3,000万円海外利用でポイント2倍
国内:最高3,000万円
三井住友カード年1,375円海外:最高2,000万円国内外パッケージツアーが最大5%割引される
アジアの免税店やレストランで割引、優待サービス
宿泊予約サービスRelux(リラックス)で優待割引
アメリカン・エキスプレス・カード年13,200円海外:最高2,000万円会員専用サイトで航空機やホテルなどの予約可能
電話1本で旅行を手配してもらえる
スーツケース1個無料配送
空港ラウンジを無料で利用可能

年会費有料のクレジットカードは、金額が高いほど手厚い補償やサービスを受けられます

とくに大きく差が開くのが、旅行傷害保険の補償額です。

旅行する機会が多いなら有料にして旅行傷害保険の補償額を高くしよう

飛行機からの海外旅行

年会費有料のクレジットカードは、旅行傷害保険の補償額が大きいのが特徴です。

年会費の金額は0円〜35万円で、アメリカン・エキスプレス・カードのように1万円を超えるクレジットカードは補償額が1億円にのぼるケースもあります。

年会費無料で使えるクレジットカードの補償額は平均2,000万円となっているため、補償の手厚さは比べ物になりません。

2,000万円あれば十分と思っている人もいるかもしれませんが、海外で万が一トラブルがおこった場合は予想以上にお金がかかるものです。

TBのグループ会社「ジェイアイ傷害火災保険」が2017年度の海外旅行保険契約者を対象にした調査では、保険金の支払いを受けたのは29人に1人の割合で、補償の対象で見ると、ケガや病気の治療費などの補償が約49%と半数近くを占めた。「治療・救援費用」名目で支払われた保険金の最高額は3588万円。アメリカを旅行中に発作を起こし、心不全と診断された人が、チャーター機で医療機関に搬送され、15日間入院し、家族が駆けつけたケースだった。

引用元:海外旅行保険…意外と知らない“落とし穴”-読売新聞オンライン

強盗やスリだけではなく怪我や病気を患うケースも多いため、旅行する機会が多いのなら年会費が高めで補償がしっかりついたクレジットカードを選んだほうがよいでしょう。

遠出しない人は年会費無料にしたほうが無駄にならない

上述で年会費有料のクレジットカードのほうが手厚い補償を受けられるといいましたが、旅行する機会が少ない人は年会費無料にするのが賢明です。

旅行傷害保険や旅行サービスはクレジットカードを使って旅行する人だけが恩恵を受けられるサービスであり、遠出しない人にとってはあまり意味がありません。

せっかくお金を払っていても無駄になってしまう可能性があるため、旅行しないのであれば年会費無料のクレジットカードを作ったほうが良いといえます。

実際のところ年会費無料と有料で大きく違うのは保険の補償額や旅行サービスのみで、ポイント還元率などはほとんど同じです。

JCB CARD Wは年会費永年無料でいつでもポイント2倍

JCB CARD W

JCB CARD Wは年会費がずっと無料で利用できるうえ、他のJCBカードと比べて2倍のポイントがもらえます

もちろん、年会費1,375円のJCB一般カードや11,000円のJCBゴールドと比べても2倍。

さらにポイント還元率は1.0%〜10.0%で、1,000円の買い物をすると10ポイント貯まるのも魅力のひとつです。

還元率0.5%の他社よりもお得なので、買い物目的で使うならまさに最強の1枚といえます。

初年度の年会費が無料になる三井住友カード

三井住友カード

三井住友カードは、インターネットで入会すると初年度の年会費が無料になります。

翌年以降でも利用金額に応じて年会費が20〜100%割引してもらえ、使うほどお得になる1枚です。

他にも定期的におこなっている期間限定のキャンペーンで年会費が永年無料になるケースがあるため、タイミングを見計らって申し込むのもいいかもしれません。

万が一に備えたい人は希望する付帯保険のあるカードを選ぼう

クレジットカード

意外と知られていませんが、クレジットカードには発行した時点で保険が付帯されており、個別に保険会社と契約しなくても補償を受けられる利点があります。

付帯されている保険は様々な種類があり、カード会社によって対応しているものが異なるため万が一の事態に備えたいのなら自分が希望する補償がついているクレジットカードを選びましょう。

クレジットカードに付帯されている保険の種類は、以下のとおりです。

保険の種類補償内容
海外旅行傷害保険海外旅行中の怪我や病気による治療費用、賠償責任、携行品損害等の補償
国内旅行傷害保険国内旅行中の怪我や病気による治療費用、賠償責任、携行品損害等の補償
紛失・盗難保険紛失や盗難、オンライン上の情報漏洩によって不正利用された場合の補償
ショッピング保険購入した商品が破損や盗難に遭った場合の補償

海外旅行が好きな人は海外旅行傷害保険、クレジットカードで買い物する機会が多い人はショッピング保険というようにライフスタイルに合わせて選択するのが一番です。

とくに国内旅行傷害保険やショッピング保険は、年会費無料のクレジットカードには付帯していないケースが多いため、あえて年会費有料にするのもいいと思います。

ただし、クレジットカードの使い方によっては保険が適用されないケースがあります。

自動付帯ならクレジットカード支払いではなくても補償が受けられる

付帯保険は自動付帯と利用付帯の2種類に分類されており、それぞれで保険が適用される条件が異なります

種類保険適用条件
自動付帯クレジットカードを発行した日から保険が適用される
利用付帯クレジットカードで支払いをしたら保険が適用される

自動付帯ならクレジットカードを発行した時点で保険が適用されるため、現金で支払いをした場合でも補償を受けられます。

例えば海外旅行するときにホテル代や飛行機代を現金で支払い、渡航先で怪我をしても補償金を受け取ることが可能です。

一方で利用付帯の場合は、ホテル代や飛行機代などをクレジットカードで支払っていないと保険が適用されません。

高額な医療費を自己負担しなければいけなくなるリスクがあるため、本当の意味で万が一に備えるのなら自動付帯の保険か確認したほうがよいでしょう。

年会費無料で保険が自動付帯のエポスカード

エポスカード

エポスカードは年会費が無料なうえ、保険が自動付帯しているのが特徴です。

年会費無料な他社のカードは利益が少ないことから利用付帯にしているケースがほとんどなので、お得に万が一の際の補償を受けたいならエポスカードを選んでおけば間違いありません。

エポスカードで補償してもらえる内容は、以下のとおりです。

保険の種類保険金額
障害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用200万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

引用元:海外旅行傷害保険-クレジットカードはエポスカード

管理人の個人的な意見としては、携行品損害が自動付帯しているのがエポスカードの長所です。

携行品損害とは、旅行中に持ち歩く手荷物の破損や盗難などの損害を補償してもらえる保険のことで、全国の保険適用割合のうち約35%にものぼります。

例えば、旅行先でスーツケースやカメラを破損してしまったときなどにも保険で補償してもらえます。

怪我や病気にかかった際の補償ももちろん大切ですが、手荷物を破損してしまう可能性のほうが高いので自動付帯されていたほうが万が一のときに困りません。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは最高3,000万円の補償

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

自動付帯の旅行傷害保険でもっと手厚い補償を受けたいのなら、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードを選びましょう。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳になるまで年会費無料で保険が自動付帯されています

26歳を超えている人でも初年度は年会費無料で利用でき、2年目以降でも年間3,300円で最高3,000万円まで補償を受けられます。

自動付帯されている保険の種類は、以下のとおりです。

傷害死亡・後遺障害最高3,000万円
傷害治療費用最高300万円
疾病治療費用最高300万円
賠償責任最高3,000万円(自己負担額1,000円)
携行品損害最高30万円
救援者費用最高200万円

引用元:旅行傷害保険付きのクレジットカード-セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、26歳以上の会員が年会費を賄っていることから永年年会費無料のエポスカードと比べて補償額が高めに設定されています。

クレジットカードで支払いをしていない場合にも手厚い補償を受けたいのなら、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードに申し込みましょう。

旅行サービスが付帯していると予約や手荷物配送などが楽になる

クレジットカードには保険の他にも旅行サービスが付帯されており、カードを見せると旅行先で様々な優待を受けられます

例えば電話するだけでホテルや航空機のチケットを予約してもらえたり、手荷物を無料で配送してもらえたりと、いつもの旅行が楽になること間違いなしです。

クレジットカード会社ごとに付帯されている旅行サービスを調査した結果は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

クレジットカード旅行サービス
ダイナーズクラブカード国内外のホテルや旅館の料金を割引
国内外の空港ラウンジを無料で利用できる
空港送迎タクシーを1台片道分無料または一部負担で利用できる等
オリコカードパッケージツアーが最大3〜8%割引
海外格安航空券が24時間いつでもオンライン予約可能等
エポスカードチケットやホテルの手配や旅行計画のアシスタントをしてもらえる
成田空港のサンパーキング利用料金が38%割引
ハワイ、台湾、韓国などの優待国のレストランや施設の料金を割引等
楽天カード海外旅行中のポケットWi-Fiレンタル料が20%割引
海外でレンタカーの事前予約するとレンタル料が10%割引
手荷物の宅配料が最大300円割引等

旅行サービスの内容はクレジットカードごとに異なり、年会費が高いほど旅行サービスで優待を受けられる内容が良くなります。

例えばダイナーズクラブカードは年会費が24,300円かかりますが、空港ラウンジを無料で利用できたり空港までの送迎タクシーを無料で手配してもらえたりといった優待を受けられます

年齢が上がると旅行にかなりの体力を使うので、ラウンジやタクシーを利用できるのは嬉しいですよね。

いつもの旅行をランクアップしたいなら、旅行サービスの内容が良いカードを選んでみてはいかがでしょうか。

旅行する機会が少ない人は、セキュリティサービスの良し悪しで選ぶのもひとつの手段です。

セキュリティが頑丈なら不正利用されるリスクも少ない

クレジットカードのセキュリティの説明

クレジットカードのサービス面で選ぶなら、セキュリティの頑丈な商品で申し込むのもひとつの手段です。

セキュリティが頑丈なクレジットカードなら、不正利用されるリスクも低くなります

自分は大丈夫だと思っている人もいるかもしれませんが、最近ではクレジットカードを使ってインターネットで買い物する人が多くなったことから不正利用されるケースが増えています。

クレジットカードの番号などの情報を盗まれ、知らない間に不正に使われる被害が急増している。2019年の被害額は約220億円で14年の3倍以上に達した。店舗での決済時に受け取ったカードを店員が盗み見たり、インターネット上の闇サイト(ダークウェブ)に流れた情報を悪用したりする手口が横行している。ネット販売などキャッシュレス決済が広がる中、決定的な対抗策は打ち出されていない。

引用元:クレカ情報盗用被害が急増 19年は220億円超 闇サイトに流出、売買も-毎日新聞

どのクレジットカードにもセキュリティサービスが付帯されているものの、絶対に不正利用されない保証はありません。

少しでも不正利用されるリスクを低くしたいのなら、セキュリティ対策に力を入れているクレジットカードを選ぶとよいでしょう。

三井住友カードは3種類のセキュリティで厳重に管理

三井住友カードは3種類のセキュリティを導入しており、他社よりも不正利用を防ぐための対策に力を入れています

3種類のセキュリティサービスは、以下のとおりです。

セキュリティサポート内容
不正使用感知システムカードの使用状況をモニタリングして不正利用をすぐに察知
ICカードスキミング被害(偽造カードの不正利用)の防止
顔写真入りカード発行実店舗での不正利用を防止

三井住友カードは大手メガバンクのスキルを活かして、強固なセキュリティ体制を整えています。

とくに不正使用感知システムでは24時間体制でカードの使用状況をモニタリングしてもらえるため、不正利用があったとしてもすぐに対処してもらえるのが嬉しいポイントです。

顔写真入りカードを発行すれば、財布の盗難に遭った際にクレジットカードを実店舗で使われることも回避できます。

3種類のセキュリティで個人情報をしっかり守ってもらえるので、安心して使える1枚です。

すぐにカード決済したい人は即日発行できるブランドを選ぶのが最適

三井住友カード ナンバーレス (NL)

急な出費や旅行などですぐにクレジットカードが必要な場合は、即日発行ができるブランドで申し込みましょう

一般的なクレジットカードは申し込みから発行までに1〜2週間ほどかかりますが、一部のカード会社ではその日のうちに決済を開始できるケースがあります。

クレジットカードの即日発行に対応しているブランドは、以下のとおりです。

クレジットカード即日発行ナンバーレスカード発行時間
三井住友カード ナンバーレス (NL)最短5分
セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード最短5分
セゾンカードインターナショナル最短5分
JCB一般カード×最短即日
エポスカード×最短即日

三井住友カード ナンバーレス (NL)とセゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード、セゾンカードインターナショナルの3枚は最短5分でカードを発行できます。

ナンバーレスカードに対応しており、カード番号やセキュリティコードがスマホ上ですぐに発行されるのでカードが郵送で自宅に届くのを待つ必要がありません。

三井住友カード ナンバーレス (NL)のカード情報画面

そのままネットショッピングや電子マネーの決済、キャッシュレスアプリなどに利用できるので急いでいるときでも速やかに支払いができます。

ただし審査受付時間外に申し込んだり、顧客情報の入力フォームを間違えたりするとその日のうちに発行できないケースがありますので気をつけましょう。

国際ブランドで選ぶならカードの用途を踏まえて決めよう

クレジットカードの国際ブランド

国際ブランドで選ぶのなら、クレジットカードの用途に合わせて決めましょう

国際ブランドとは、世界中に加盟店ネットワークを持っていて様々な国や地域で利用できるクレジットカードのブランドのことです。

一概にどのブランドが優秀ということはなく、それぞれで加盟店や特徴が異なるので用途に合わせて選択するのがベストです。

主流な6大国際ブランドで加盟店数や特徴を調査した結果は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

6大国際ブランド世界の加盟店特徴
VISA約3,850万店世界中の利用に強い
JCB約2,500万店国内の利用に強い
Mastercard約3,850万店特殊店舗やヨーロッパでの利用に強い
アメリカン・エキスプレス(AMEX)約2,400万店旅行中の利用に強い
ダイナーズクラブ約2,400万店高級店の利用に強い
銀聯カード約157万店中国での利用に強い

それぞれの国際ブランドについて、詳しく解説していきます。

VISAは加盟店数が最も多い!世界中で利用できるので1枚持っておくと便利

VISA

VISAは国際ブランドのなかで最も加盟店数が多く、どこでも利用できるのが特徴です。

世界中に加盟店ネットワークを持っており、日本だけではなくアメリカやフランスといった海外でも利用できるので不便に感じません。

実際にイプソス株式会社がおこなった調査によると、使える店舗数の多さからVISAブランドでクレジットカードを発行している人の割合が5年連続で最も多い結果が出ています。

過去5年間の国際ブランドの発行割合

発行割合
調査年度VISAJCBMastercardアメックスダイナースクラブ銀聯
2016年度51.9%30.4%13.6%3.4%0.6%0.2%
2017年度51.2%30.1%14.6%3.5%0.5%0.1%
2018年度50.6%29.7%16.0%3.3%0.4%0.1%
2019年度49.5%29.6%17.3%3.2%0.3%0.1%
2020年度50.8%28.0%17.8%3.1%0.3%0.1%

参考元:ニュース/調査結果- Ipsos

実際に管理人もVISAのクレジットカードを持っていますが、1枚あるだけで急な海外出張が決まったときにも使えるので安心感があります。

他の国際ブランドが使いづらいわけではありませんが、店舗で使えないトラブルが発生した際にVISAにしておけばよかったと後悔するケースがあります。

後々にクレジットカードを作り直すことにならないためにも、メインカードはVISAブランドで作っておくのが無難です。

海外へ出向く機会がない人は、VISAの次に発行者数が多いJCBブランドを選んでみてはいかがでしょうか。

JCBは日本の加盟店が815万店!国内利用に特化している

JCB

主に日本でクレジットカード決済をする人は、国内に815万店の加盟店を持つJCBブランドを選ぶのが最適です。

JCBは日本で誕生したブランドであることから国内利用に特化しており、コンビニやスーパーなどで利用するとポイント還元やキャッシュバックといった独自のサービスを受けられます。

さらにスポンサーとなっている東京ディズニーランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどの抽選招待企画も定期的におこなっており、国内利用の特典が豊富なのも嬉しいポイントです。

今まで弱かった海外での加盟店数も、アメリカを中心に世界で発行されているDiscoverカードとの提携によって少しずつ増えてきています。

JCBプラザ ラウンジやJCBプラザといった海外サービス窓口が世界に約60箇所設置されており、日本人受けのサポートが充実しているので旅行する際にも役立ちます。

すでにJCBまたはVISAのクレジットカードを持っている人は、相性が良いMastercardを選ぶとよいでしょう。

加盟店が特殊なMastercardは他社と組み合わせると使いやすい

Mastercard

Mastercardは、1968年にヨーロッパ圏に拠点を置くユーロカードと提携したことからフランスやイタリアでも使いやすい国際ブランドです。

加盟店舗の多さではVISAに劣るものの、特殊な店舗と提携しているため他社の国際ブランドと組み合わせて持っておくと困りません

例えば大手ディスカウントストアのコストコは、提携している国際ブランドがMastercard1社のみとなっています。

クレジットカードは利用できますか?
倉庫店、オンラインショッピングともにマスターカードのみご利用いただけます。

引用元:FAQ詳細-コストコカスタマーサービス

VISAやJCBといった他の国際ブランドで発行されたクレジットカードでは決済できないため、コストコをよく利用する人はMastercardのクレジットカードを発行して損はないでしょう。

アメリカン・エキスプレスは店舗数より優待サービスを重視する人向け

アメリカン・エキスプレス

使える店舗数よりも旅行サービスや割引クーポンといった優待を受ける目的でクレジットカードを発行する人は、アメリカン・エキスプレス(アメックス)を選ぶのが最適です。

アメリカン・エキスプレスは会員向けサイトのアメリカン・エキスプレス・コネクトを利用して、レストランやホテルの利用料金割引といった450種類以上の優待サービスを受けられます

アメリカン・エキスプレス・コネクトで受けられる優待サービスは、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

優待の種類優待内容
宿泊優待対象となる旅館やホテル、リゾート施設の宿泊料金を割引またはキャッシュバック
トラベル優待対象の旅行予約サイトを利用するとツアー料金を割引してもらえる
グルメ優待対象となるカフェやレストランでポイントアップまたは利用料金の割引
ファッション優待対象店舗で購入すると割引クーポンがもらえる
ゴルフ優待プレー料金やゴルフ用品の購入、レンタル料金を割引

例えば管理人は、取引先とゴルフコンペをする際にアメリカン・エキスプレスが発行するカードで決済してプレー料金を15%割引してもらえました。

他にもトラベラーチェックの発行会社であることから旅行優待に強く、スーツケースの無料配送や電話一本で航空券の手配といった豊富な特典が受けられるのも嬉しいポイントです。

さらにアメリカン・エキスプレスはゴールドカードを世界で初めて発行した国際ブランドであり、ステータスカードの代名詞ともいえます。

持っているだけで周りに一目置かれるので、ステータスをアピールしたい人にも最適です。

ステータスカードとして名高い国際ブランドは、アメリカン・エキスプレスの他にもダイナースクラブが挙げられます。

ダイナースクラブは高級ホテルやレストランを利用する富裕層に最適

ダイナースクラブ

ダイナースクラブは富裕層を主なターゲットとしており、発行しているカードの年会費が24,200円〜143,000円と国際ブランドのなかでも高めに設定されているのが特徴です。

しかし、高級ホテルの宿泊料金を割引してもらえたり無料で部屋をグレードアップできたりといった年会費に見合った優待を受けられます

ダイナースクラブが発行するカードはいずれも利用可能額に制限がなく、100万円を超える高額な支払いにも利用できるため富裕層にとって不足ありません。

他にもダイナースクラブカードはグルメ優待に力を入れており、1名分のレストランコース料理が無料になったりフレンチのランチコースが楽しめたりといった顧客向けのイベントが豊富です。

定期的にリッチな体験ができるため、年会費を支払えるのならメインカードとして選ぶのも良いでしょう。

中国へ出向く機会が多いなら銀聯カードを持っておくことが必須

銀聯カード

出張や留学などで中国に出向く機会が多いのなら、銀聯カードを持っておくことが必須です。

銀聯カードとは中国人民銀行が展開している国際ブランドのことで、中国では銀行口座を作ると同時に発行される仕組みとなっています。

中国の国民にとって最も一般的な国際ブランドであり、ステータスに繋がるためビジネスシーンでも持っているだけで相手に信用されるのが特徴です。

中国を中心に普及しているため加盟店数は他の国際ブランドに劣りますが、2017年には50万店にのぼっており、日本の他にシンガポールや台湾など世界で使える店舗が増えています。

とはいえVISAやMastercardに比べると利用できる店舗数が限られ、使い勝手が悪いため中国で決済するときだけに使用するサブカードとして選ぶとよいでしょう。

上述で6大国際ブランドを詳しく解説しましたが、どこを選んだらいいかまだ迷っている人もいると思います。

とくにこだわりがないのなら、加盟店数が多くて使い勝手のよいVISAやJCB、Mastercardを選ぶとよいでしょう。

クレジットカードの国際ブランドは人前で決済するときに意外と見られるため、ステータスを気にするのならアメリカン・エキスプレスやダイナースカードを選択するのが最適です。

ステータスを重視する場合は、国際ブランドだけではなくクレジットカードのグレードも忘れてはいけません。

ステータス重視!ハイグレードなカードにすると周りと差がつく

ゴールドカード

クレジットカード選びでステータスを重視するのなら、ハイグレードなカードを選ぶのが最適です。

クレジットカードには一般カードの他にもゴールドカードやプラチナカードといったグレードがあり、ランクが高いほど持っているだけで周囲に一目置かれる存在になれます。

ハイグレードなカードは年会費が高いだけではなく、審査の難易度が高いイメージが根付いているからです。

実際にクレディセゾンがおこなった調査では、80%以上の人が会計時に他人のクレジットカードランクを気にしたことがある旨がわかっています。

会計時に他人のクレジットカードランクを気にしたことがある人の割合

参考元:クレジットカードに関する意識調査レポート-セゾンカード

つまり持っているクレジットカードがハイグレードであるほど、人前で会計するときに周囲と差がつくということです。

クレジットカードのグレードごとに年会費や審査難易度を調査した結果は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

クレジットカードのグレードごとの年会費や審査難易度

クレジットカードのグレード平均年会費審査難易度所有率
一般カード無料〜3,000円程度易しい87%
ゴールドカード11,000〜40,000円普通11.3%
プラチナカード20,000〜60,000円厳しい1.4%
ブラックカード33,000〜220,000円厳しい

ハイグレードなクレジットカードのなかでも、ゴールドカードは11,000円程度の年会費で利用できるうえに審査もそれほど厳しくないことから持ちやすいのが特徴です。

はじめてハイグレードカードを作るのなら、まずはゴールドカードを選んでみてはいかがでしょうか。

ゴールドカードなら年収が高くなくても持ちやすい

ゴールドカードと財布

ゴールドカードは、ハイグレードなクレジットカードのなかでも年会費が11,000〜40,000円と安めに設定されていることから年収が少ない人でも持ちやすいのが特徴です。

支払いの負担が少ないので審査もそれほど厳しくなく、年収300万円以下でも発行できます。

一般カードとの大きな違いは優待内容で、ポイントアップや割引クーポンといったもらえる特典が多くなります。

例えばANA VISA 一般カードとANA VISAワイドゴールドカードで優待を比較した結果は、以下のとおりです。

ANA VISA 一般カードANA VISAワイドゴールドカード
年会費2,200円15,400円
入会または継続時の獲得マイル1,000マイル2,000マイル
搭乗ボーナスマイル還元率10%25%
ショッピング獲得マイル数200円=1ポイント=1マイル200円=1ポイント=2マイル
ANA航空券購入時の獲得マイル100円=1.5マイル相当100円=2マイル相当

ANA VISAワイドゴールドカードの場合、ANA VISA 一般カードと比べて獲得できるマイル数が大幅にアップします。

他のゴールドカードでも同様、一般カードより優待サービスの質が高くなるためワンランク上の体験をしたい人に最適です。

ゴールドカードはプラチナカードやブラックカードと違って、カード会社からのインビテーション(招待)がなくても申し込める利点があります。

ただしイオンゴールドカードのように一部ではインビテーション制となっているケースもありますので、申し込む際はあらかじめ確認しておきましょう。